妊娠・出産

全身麻酔で帝王切開?!局部麻酔との違いは?どっちが良いの?

こんにちは、ハルです。

およそ5人1人は帝王切開と言われるくらい、帝王切開での出産が最近増えてるんですよね。

帝王切開と一言に言っても予定帝王切開緊急帝王切開があり、局部麻酔全身麻酔など、麻酔の種類もいくつかあります。

ちなみに私は、全身麻酔の緊急帝王切開で出産しました。

今回は、私自身の経験も踏まえ、帝王切開出産の、母体や赤ちゃんへのリスクや、メリット、帝王切開をする理由、また産後の状態について詳しく紹介していきますね。

そもそも帝王切開する理由は?

最初にも書きましたが、帝王切開には、予定帝王切開緊急帝王切開があります。

予定帝王切開

定期健診で、自然分娩ではリスクが高いと医師が判断した場合に、事前に日にちを決めて行われます。

予定日が事前に決まるので、パパや家族の予定を合わせやすいのはメリットですね。

予定帝王切開になるケースは

さかご

通常赤ちゃんは、お腹の中で頭を下にした状態でいますが、頭が上にある姿勢でいるのがさかごです。

前置胎盤

胎盤が子宮口をふさいでいるため、赤ちゃんが出られないうえに、先に胎盤が出てしまうと大量出血することもあります。

多胎妊娠

双子や三つ子の場合、赤ちゃんや母体の安全のため、帝王切開が選ばれることが多いです。

児頭骨盤不適合

赤ちゃんの頭が胎盤より大きかったり、胎盤が変形している場合は、自然分娩が難しく帝王切開が選ばれます。

緊急帝王切開

定期健診で特に問題のなかった妊婦さんでも、分娩が始まってから母体や胎児に危険があると判断された場合、医師が判断します。

胎児機能不全

分娩中に、へその緒などが赤ちゃんに巻き付いてしまったり、胎盤の機能の低下によって、赤ちゃんに十分な酸素が送れなくなり、すぐに赤ちゃんを取り出さなければいけません。

常位胎盤早期剥離

赤ちゃんが産まれる前に胎盤がはがれてしまい、子宮内で大量出血してしまうと危険なため、すぐに取り出す必要があります。

微弱陣痛

子宮の収縮力が弱く、陣痛が弱い、時間が短い、間隔が長いなど、陣痛促進剤を使っても効果がない場合は、帝王切開になることがあります。

回旋異常

出産の時、赤ちゃんは、頭を回しながら産道を降りてくるのですが、この回旋がうまくできないときがあります。

 

ちなみに私は、つわりも全くない健康そのものの妊婦でしたが、破水した後、羊水混濁という、通常なら透明の羊水が緑色になってしまし、その羊水が赤ちゃんの体内に入ると危険とのことで、緊急帝王切開になりました。

帝王切開は局部麻酔?全身麻酔?

帝王切開は、局部麻酔で行われることが多いです。

局部麻酔

帝王切開術で第一に選択される麻酔です。

局部麻酔には、脊髄くも膜下麻酔硬膜外麻酔があり、どちらが行われるかは病院の方針によって違います。

どちらも下半身の痛みの感覚はなくなりますが、意識はしっかりしています

そのため、痛みや冷たさは感じないのですが、押されたり引っ張られたりという感覚はわかります。

局部麻酔のメリットは、なんと言っても意識があることです。

自然分娩と同じく、産まれてきた赤ちゃんとすぐ対面することができます。

全身麻酔

帝王切開は基本的に局部麻酔が多いのですが、赤ちゃんや母体の状態によって、緊急帝王切開に使われることが多いです。

麻酔の効果はすぐに現れ、意識を失います。

目が覚めた時には手術は終わっています。

全身麻酔の場合は、残念ながら産まれてすぐの赤ちゃんには会えません。

意識が戻った後に、母体の状態を見て赤ちゃんを連れてきてくれます。

帝王切開のリスクとメリット

帝王切開では、麻酔の副作用として、吐き気、めまい、頭痛、低血圧などがあげられます。

個人的には、麻酔が切れた後の痛みが一番つらかったです。

麻酔の量は、わずかなため、赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

帝王切開のリスク

・大量出血が起こる場合がある。

・帝王切開出産のあとは、少なくとも次の妊娠まで2年くらいあけなくてはいけない・

(子宮にメスを入れているため、その部分は薄くなっています。そのため、早い段階で妊娠してしまうと、子宮破裂をしてしまう可能性があるため)

・長時間ベッドで横になるため、血栓ができやすい。

自然分娩より回復に時間がかかるため、入院期間が長い(自然分娩に比べて、1日~2日ほど)

・体質によっては麻酔の副作用がある。

・麻酔が切れた後の痛み

・傷跡が残る

・全身麻酔の場合、産まれてすぐ赤ちゃんと対面できない。

帝王切開のメリット

・予定帝王切開の場合、出産日が前もってわかる

・赤ちゃんが産道を通らないため、綺麗な状態で産まれてくる。

・母体への負担はあるが、赤ちゃんへの安全性が向上している。

・産後1年での尿失禁の頻度が低くなる。

・手術なので、健康保険が適用され、高額療養費の給付対象になる。

・医療保険に入っていた場合、出産給付金と合わせてプラスになる場合がある。

帝王切開の産後の状態は?

産後は、会陰の痛みがない代わりに、傷がひどく痛みます。

痛みがひどい場合は、授乳中でも飲める痛み止めを出してもらえるので、我慢せず飲んだ方が良いです。

手術当日は、母子別室になることが多く、1日身体を休めます。

翌日か翌々日から、母乳をあげ始めるのですが、傷が痛くて動くのが一苦労です。

また、稀に傷口が癒着を起こしてしまうこともあります。

1カ月検診では、赤ちゃんの様子とともに母体の様子も見てもらえますが、退院後傷の痛みがなかなか治まらない場合は、病院に電話してみると良いでしょう。

全身麻酔の帝王切開は二度と経験したくない

私自身が実際帝王切開出産をして思ったことを書こうと思います。

まず私が出産した産院は、そもそも帝王切開は予定も緊急もすべて全身麻酔のみだったんですね。

手術自体はなんの問題もなく終わったのですが、全身麻酔が切れた後の痛みと嫌悪感は、二度と経験したくないくらい最悪な物でした。

目が覚めた瞬間から、痛くて痛くてどうしようもない。

起き上がることもできないので、痛み止めの注射を打ってもらっても全然効かない。

一度だけ看護師さんが赤ちゃんを連れてきてくれましたが、痛すぎて体がだるすぎて、赤ちゃんどころじゃない。

お昼の13時から手術で、そのあとはもう今何時なのかすらわからず、夫が面会に来ても喋ることもできず、ひたすら翌朝まで地獄の時間を過ごした記憶があります。

私の周りの帝王切開で出産した友達たちは、みな局部麻酔だったそうなのですが、手術をしたその日が、局部麻酔と全身麻酔では回復が全く違うようでした。

全身麻酔は体の負担が大きすぎるんだと思います。

もし第二子を出産することがあったら、帝王切開なのは確実なので、局部麻酔の病院にすると心に決めてます(緊急の場合は仕方ないですが)

最後に

帝王切開出産は、リスクも伴いますが、メリットもたくさんあります。

それは、自然分娩も同じです。

どちらの出産方法になろうが、それが、その時の母子にとって最良の選択だということです。

不安なことは医師や看護師さん、助産師さんになんでも質問して良いと思います。

これから帝王切開を控えているママや、帝王切開になるかもしれない、帝王切開になったらどうしよう

と、不安を抱えているママの少しでもヒントになればと思います。