育児

1歳児を連れてのスーパーは地獄!

こんにちは、ハルです。

うちは夫が普段いないので、よく子供と2人でスーパーに買い物に行くのですが、思い返してみると、1歳過ぎて自分で歩けるようになってからは、毎日地獄だったなぁと思います。

今は2歳8か月。

もちろんまだ大変なのですが、かなりマシになりました。

うちの子は保育園に通っているのですが、ちょうどその頃保育園の懇談会があって、他のお母さんたちと悩みなどを話す機会があったんですね。

すると、月齢は違えどほぼ全員のお母さんが、「買い物が大変!」という話になったんです。

男児とか女児とか関係ない。

中には、カートにおとなしく座ってるよ、というママもいたのですが、心の底からうらやましいと思いました。

今回はその時のことを書いていきたいと思います。

同じように悩んでいる方がいたら、少しでも参考になればと思います。

カートに乗るの?乗らないの?

スーパーに行くと、キャラクターカートがあるの知ってますか?

うちの子はアレ乗りたい!と言って乗るのですが、少しすると「おりるー!」と言い出すんですね。

そして歩き回る。

あのキャラクターカート、大きくて重い。

身軽な状態でも歩き回る子供を追いかけるのは大変なのに、あのかさばるカートを持って、歩き出した子供についていくのがまた大変。

普通のカートに変えようものなら、「のるー!」と怒ってまた乗っては「おりるー!」。

買い物が全く進まない。

まずおとなしく座ってるということがありませんでした。

子供の目線にある商品は危険

歩き出した子供は、手の届く商品を必ず手に取ります。

それを商品棚に戻すとまた怒る。

とにかく私が買いたいものにたどり着くことが困難でした。

なのでここでは、「じゃあこれ買おうね」と言って、「かごに入れて」というと喜んでかごに入れてました。

そして歩き出した子供にバレないように、そっと商品棚に戻す。

しかし、2歳8か月になった現在のうちの子には、この手が通用しなくなってきました。

何をかごに入れたか覚えてるんですよね。

「あれー?●●はー?」と聞いてくるようになります。

ただ、「これは今日は買わないよ」と言えばわかってくれる年齢でもあるので、この手が通用する間は、何をかごに入れたか覚えていないのでよく使っていました。

肉・魚・総菜コーナーは要注意

目の前にある商品を触りたがるのは仕方ないとは言え、さすがに肉や魚のパックに穴を開けたら大変。

惣菜なんかはそのまま陳列されているので、触ってしまったら大変。

これに関しては、「絶対に触ってはだめ」だということをキツク言いました。

そこで泣き叫ばれたら買い物やめる、くらいの気持ちでした。

正直、私が独身の頃に、惣菜を触っている子供を見たことがあって、近くに親がいない、ということがあったんですね。

少しして他のお客さんが店員さんに言っていたようですが、その子供の親は、子供が惣菜を触ったことも知らないままだと思います。

それを見た時に私はイヤな気持ちになったので、絶対にダメだと伝えました。

ただ1歳の子供がそれをちゃんと理解できるわけではないので、もし触ってしまったら、もちろん購入するつもりでいました。

レジには並べない

なんとか買うものをかごに入れて、レジに行ってみたら並んでるー!っていうときありますよね。

このレジで並んでいるときも本当に大変でした。

まぁ大人でもレジに並ぶのはイヤなものですが、1歳の子供がおとなしく並んで待ってられるわけないですよね。

逃亡しようとするか、それを阻止すると泣き叫ぶか。

なのでもしレジがけっこう並んでいたら、レジには行かずもう少しスーパーをウロウロします。

じっと待ってるよりは、動いていたほうが子供もご機嫌でいてくれました。

スーパーに行くなら午前中かお昼過ぎ

レジに並びたくない、というのもあったのですが、スーパーは夕方になるにつれて混んできます。

通路にも人が多くなりますし、基本的に私は、子供の乗っていない重いキャラクターカートを押していなきゃいけなかったので、できるだけ人の少ない時間を狙って買い物に行っていました。

一番良かったのは開店時。

私は普段仕事をしているのですが、平日お休みのこともあります。

そんな時は朝のお散歩のついでに、開店したばかりのスーパーに買い物に行っていました。

あとは、お昼の13時過ぎもけっこう空いています。

ただこの時間は子供の昼寝とかぶることも多いので、午前中の方が行きやすかったです。

子供が好きなものを一つ持たせる

買い物中、子供が欲しいものを一つ持たせると、少しだけ間が持ちます。

おとなしくカートに座ってくれる時もあります。

その隙に買いたいものを急いでかごに入れる。

肉とか魚とかも瞬時に見定める(笑)

うちの子は、アンパンマンのチョコレートやキャンディーを持たせるとおとなしくなることがありました。

その商品は購入するのですが、1歳の時点ではチョコレートもキャンディーもあげたことがなかったので、買うだけ買って食べるのは私なんですけどね。

家に帰ったころには、別のことに興味がわいていて、買ったお菓子のことは忘れていることが多いので。

週末に買いだめ

保育園で話した他のお母さんたちは、旦那さんと一緒に週末に一週間分買いだめする、という人もいました。

大人が二人いれば、そんなに大変じゃないですもんね。

私は絶対に買い忘れをするので、結局平日に子供と2人でスーパーに行くことになっていたのですが、例えば、バナナと牛乳だけ買いたい!というときは

子供を抱っこして、カートには目もくれず、まっすぐバナナと牛乳だけ持ってレジに行って一瞬で立ち去る、みたいなことをやってました。

一応スーパーに行く前に子供に、「今日はバナナと牛乳だけ買ったら帰るからね」と話しておきます。

スーパーに入ってから「歩くー!」とか「アンパンマーン!」と子供が言っても、「今日はバナナと牛乳だけ買うんだよ」と言って、わき目もふらず買い物を済ませていました。

最後に

私はこのような感じで、1歳児との買い物を乗り越えました。

イヤイヤ期はまたもっと大変なことになるんですけどね。

ですが、最近ようやく子供と2人きりでスーパーに行っても、そこまで大変じゃなくなりました。

いまだにカートに乗る乗らない、というやり取りがあったりするんですが、「乗らないんだったら置いてくるよ」という言葉を理解できるようになったので、意味もなくキャラクターカートを押すことはなくなりました。

逆に、大人が使うカートを、自分で押すー!っていうのが始まってしまいましたけど。

ただ本当に、あの1歳の時の買い物を考えたら、楽にはなりました。

今同じように買い物に行くのが大変だ…と悩んでいる方もいるかと思いますが、大変なのも少しの間です。

気付いたら、少しづつ言葉を理解するようになっていて、スーパーの中で一緒に歩けるようになってたりします。

なのでこの時期は何かの修行なんだと思って、乗り越えるしかないのかもしれません。

終わりは必ずくるので、工夫しながらがんばってみてください。