育児

赤ちゃんのミルク作りの時間を短縮するには?おすすめアイテムも紹介。

こんにちは、ハルです。

うちの子は生後3ヶ月まで混合で育てていたので、毎回授乳の後にミルクをたしてました。

母乳の出があまり良くなかったので、母乳のあとすぐミルクをあげないとぎゃん泣き。

そのため、授乳の前に必ずミルクを作っていました。

でもけっこうミルク作りって時間がかかるんですよね。

その間もお腹を空かせた赤ちゃんは、この世の終わりみたいに大泣き。

そして焦る…みたいなことはよくありました。

今回は、そんなミルク作りの時間を少しでも短縮するために私がしていた方法や、役立つアイテムを紹介していきたいと思います。

同じように悩んでいるママたちの少しでも参考になれば、と思います。

ミルクを最短で作るアイテム

私はミルクを作るためのアイテムをいくつか揃えていました。

作る時間を短縮するため、というより、元がめんどくさがり屋だったっていうのもあるんですけどね。

いくつか紹介していきますね。

ウォーターサーバー

これは私にとっては必須でした。

まずミルクは70℃以上のお湯で調乳して、人肌くらいに冷まさないといけないですよね。

ウォーターサーバーのお湯は、約90℃くらいです。

そんな熱湯で作っても良いの?と思う方もいるかもしれませんが、粉ミルクを作っている明治の公式Q&Aにも、「70℃以上のお湯を使用しても栄養成分が大きく損失するようなことはありません」とこのように記載されています。

70度以下のお湯ではダメだけど、熱い分には特に問題はないようです。

また、作ったミルクを冷ますときは、水道水にあてるか、水につけておくかと思いますが、本当に今すぐミルクをあげなきゃいけないってときは、ウォーターサーバーの水を少し入れます。

もしくは赤ちゃん用の水を入れてもOKです。

魔法瓶

ウォーターサーバーはあると便利ですが、サーバーの契約をしたり、レンタル料や水代、電気代などもかかるため、コストが多少かかります。

あまりコストをかけたくない場合は、魔法瓶を用意しておいても良いと思います。

オススメはTHERMOS(サーモス)の水筒です。

サーモス 水筒 500ml 真空断熱 ケータイマグ JNL-503

私も持っているのですが、かなり長居時間保温してくれます。

私は外出の時にお湯を入れて持ち歩いていたのですが、アツアツの熱湯を入れておいておけば、ミルクを作る時にも70℃以上を保ってくれています。

ただ、長時間ずっと置いておくのではなく、ミルクを飲ませた後次のミルクの前までの間にお湯を入れておくと良いと思います。

ミルカー&ミルクケース

自宅では粉ミルクの大きな缶を置いていることが多いと思いますが、スプーンで一杯づつ軽量するのも何気に時間がかかってしまうんですよね。

ミルカーとは一回分の粉ミルクをあらかじめ計量して置いておけます。

こちらも魔法瓶同様、持ち運びに便利なのです。

赤ちゃんが寝ている間やご機嫌な時に、あらかじめミルクを計量しておけば、いざ作る時に時間を短縮することができます。

このミルカー&粉ミルクケースもさまざまな種類があります。

ほとんどが、卒乳後も、おやつや離乳食入れとしても使えるので、せっかくならかわいいものを選んでも良いかと思います。

私のオススメミルカーはこちらです。


【ベビー】ミルクケース・キャッスル【ミルカー 粉ミルク 哺乳瓶 授乳 Doctor Betta 赤ちゃん】
スリムタイプなので収納や持ち運びにも便利ですし、3回分計量しておくことができます。

また、持ち運ぶときは、1回分ごとに取り外すことができるのも良いところです。

スティック・キューブタイプのミルク

ミルカーにいちいち計量するのもめんどくさい!と思うときもあるかと思います。

私です(笑)

そんなときは、スティックタイプやキューブタイプの粉ミルクを利用します。

スティックタイプ
<レーベンスミルク はいはい スティックパック 13g×10包

スティック1本で100mlのミルクを作ることができます。

キューブタイプ

【※】 明治 ほほえみ らくらくキューブ (4個入 160ml分)×5袋入 0か月から 粉ミルク 【A】

1つのキューブで40ml作れます。

1袋に4個(160ml)分入っているので、スティックタイプより細かい分量を調整できます。

缶に入っているミルクより多少割高になってしまうかもしれませんが、究極にめんどくさい時や外出時は私もよく使っていました。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ウォーターサーバー以外は、外出の際にも使うことができるので、一つ用意しておいても問題ないかと思います。

●お湯を沸かすこと

●ミルクを計量すること

●ミルクを冷ますこと

この3つの時間を短縮できれば、ミルク作りも素早くできるかと思いますので、ぜひ試してみてくださいね。