暮らし

初心者の主婦が空き時間にクラウドワークスのライティングでどのくらい稼げるのか

こんにちは、ハルです。

今日は育児とは違ったことを書いてみようと思います。

先日、空いている時間に何か在宅の仕事はないかと、クラウドワークスに登録してみたんですね。

この記事はクラウドワークスがどんなサイトか知っている前提で書きます。

クラウドソーシングサイトといえば、クラウドワークスランサーズが有名ですが、今回はなんとなくクラウドワークスにしてみました。

このブログを開設する前でしたので、ライティングに関してはほぼ未経験。

とりあえずパソコン触れるよーぐらいのスキルしか持っていませんでした。

そこで今回は、そんな初心者がクラウドーワークスでどのくらい稼げたのかを紹介していきたいと思います。

やってみようかな、と思っている方がいたら参考にしていただけたらと思います。

クラウドワークスに登録

クラウドワークスの登録は、スマホからもできます。

アプリがあるのでダウンロードすると、仕事探しも便利です。

ただ、パソコンで見た方が見やすいので、パソコンを使える環境があれば、パソコンで登録して、仕事を探すときなどは空いた時間にアプリを見る、というやり方が良いかと思います。

プロフィールは充実させた方が良い

クラウドワークスに登録したら、プロフィール編集で、自分の得意なジャンルやスキルなどを入力します。

このサイトでは、相手の素性がわからないため、プロフィールや評価を見て、仕事を応募したり業務をお願いしたりするので、名前しか書いていない人より、スキルや自己PRなどが書いてある人の方が、お互い安心してやり取りできます。

とは言っても、何のスキルもないよーという私みたいな人もいると思うのですが、私はそれをそのままプロフィールに記載しています。

私ができるのは、ライティングのみです。

エクセルは使えません。

でもそれだけでも大丈夫な仕事はたくさんあるので、スキルがなくても、プロフィールはできる限り入力して置いた方が良いと思います。

お仕事を探してみる

上にも書きましたが、たいしたスキルのない私にできることは、ライティングのみです。

なので、専門知識や技術を必要とされない案件を探しました。

初心者・未経験者OKの仕事

マニュアルがあるので、未経験でも大丈夫です、という案件はけっこうあります。

ライティングの案件の場合、ブログの記事作成のお仕事が多いです。

自分の興味のあるジャンルにする

専門知識がいらない未経験OKの記事作成だったとしても、自分の全く興味のない記事を書くのは、かなり大変です。

「ネットで調べたことを記事にする」というようなことが書いてあっても、興味のないことを調べるのはつまらないですし、理解するのも大変です。

なので、最初のうちは、興味のあるジャンルの記事を書いていくのをおオススメします。

単価が高いから、と、いきなり仮想通貨について書こうと思っても、仮想通貨を知らなければ、まずそれが何かを勉強しなくてはいけないですよね。

興味がなければ理解するまでにも時間がかかってしまいます。

逆に、コスメが好きだからコスメについての記事を書こうと思ったら、そのことに関して調べるのも楽しいですし、知らなかったことを知る機会にもなります。

慣れてきたら、仕事と割り切って、全く知らないジャンルに取り組むのもアリですが、はじめての場合は絶対に興味のあるジャンルを選ぶようにしましょう。

初めは金額はそれほど気にしない

専門的知識やスキルをそれほど必要とされない案件は、言ってみれば誰にでもできる仕事でもあります。

そのため単価がとても安いです。

1文字0.1円~というものも多いです。

2000文字書いて1記事200円ということです。

もちろんお金を稼ぐには、単価の高い仕事をこなすのが一番ですが、初めのうちは、フラウドワークスの使い方や仕事のやり方、記事の書き方などを知る機会だと思って、あまり単価にこだわらず応募してみても良いかと思います。

実際にやってみた感想

実際にクラウドワークスで初めて仕事をしてみました。

選んだ仕事は

「育児ブログや生活ブログの記事作成」です。

選んだ決め手は、私自身が主婦なので、育児に関して興味があったということと、その仕事を発注している人の評価が高かったからです。

文字単価は0.1円。

応募してみると、まず初めにテストで1記事作成することになりました。

そのテスト記事で合格すると、継続してお仕事をもらえるということでした。

思いのほか大変

実際にやってみると、思いのほかかなり大変でした。

マニュアルがちゃんとあり、それに沿って記事を作成していくのですが、記事に書く内容をネットで検索して、それを自分の言葉に置き換えてわかりやすく文章にしていきます。

慣れないというのもあるのですが、まず検索するだけでもけっこう時間がかかります。

そのため、最初の1記事を作成するだけで、2.3日かかってしまいました。

無事テストに合格し、続いて5記事分のテーマが届いたのですが、1週間で5記事を納期予定だったのですが、1記事作成に2日くらいかかってしまうので、最初のうちは納期を全然守れませんでした。

一日中記事のことばかり考えてしまう

仕事を受注してから、毎日朝からずーっと記事の内容について考えてしまっていました。

パソコンに向かう時間は限られていたのですが、時間が少しでも空けば、スマホで記事の内容について調べたりしていたので、自分の時間があまりなかったなーと思います。

なんとか5記事を納品して、また新たなテーマで5記事書くことになったのですが、少しづつ大変だな…と思うようになってきました。

まだ6記事しか書いてないのに…。

10記事(+テスト記事1)書いた時点で、やめることにした

なんとか残りの5記事も納品して、また継続のお声をいただいたのですが、お断りすることにしました。

とても優しい発注者さんで、10記事を書いている間に家族で旅行に行ったのですが、その間10日間くらい仕事ができないことを伝えると、「全然良いですよ~」という感じだったのですが、それ以外の空き時間全てを、記事作成に費やしていたので、疲れてきてしまいました。

振り込まれた金額

1記事200円を、10記事納品(テスト記事は除く)したので、単純計算で2000円なのですが、システム料などが引かれて、1728円でした。

そこにさらに、銀行振込手数料がなんと500円もひかれるので、実際手にした金額は、1000円ちょっと。

5記事に10日くらいかかってるので、ビックリするくらい安いですね。

楽天銀行なら手数料が100円

先ほど、振込手数料が500円と書きましたが、楽天銀行に口座がある場合は、振込手数料が100円で済みます。

私は持ってなかったので、普段使っている口座を登録しましたが、クラウドワークスで仕事するなら絶対作っておいた方が良いです。

最後に

なんのスキルもない普通の主婦が、在宅でお金を稼ぐのは簡単ではないな、と思いました。

ただ慣れてくれば、記事を書くスピードも速くなるし、ネットで調べるコツも分かってくると思うので、もう少し効率良く仕事ができるかな、と思います。

私としては、クラウドワークスでライティングの仕事をしてみたことによって、こうして自分でブログを書いてみようと思うようになったので、それはそれで良かったのかもしれません。

これからやってみようかな、と思っている方は、稼ぐのは簡単ではないですが、「在宅」「空いている時間にできる」という点では、とても良いと思います。