育児

3歳こどもちゃれんじEnglishを始めて良かった?!ワールドワイドキッズとの違いが明らかに

こんにちは、ハルです。

先日こどもちゃれんじEnglishを申し込んでみたという記事を書きました。

ワールドワードキッズは、子供が0歳の時に購入しました。

そして現在3歳になりました。

前回の記事では、こどもちゃれんじEnglishワールドワイドキッズの違いについて詳しく書いたのですが、こどもちゃれんじEnglishが届いて数か月。

うちの子供の場合は断然こどもちゃれんじEnglishの方がいい!という結果になってます。

理由も明確です。

なので、今回は、なぜこどもちゃれんじEnglishの方が良かったのか、について書いていきたいと思います。

この記事も、こどもちゃれんじEnglishを始めてみようか迷っている方の参考になるかと思います。

↓公式サイトはこちら↓

なぜこどもちゃれんじEnglishの方が良いのか

私が思う理由は二つあります。

一つは

しまじろうが好きだから。

こどもちゃれんじをやっていれば、しまじろうのパペットが届きますよね。

DVDや絵本、玩具全てにしまじろうが登場しますよね。

なのでうちの子も、しまじろうが好きなんです。

ワールドワイドキッズの教材は、しまじろうとは全く違うキャラクターが4人(4匹?)登場します。

最初はこのキャラクターたちも結構好きだったと思います。

これは親である私のせいかもしれないのですが、しまじろうばかり見せていたからか、ワールドワイドキッズのDVDを見せようとしても、「しまじろうのえいごみるー!」と怒り出すようになりました。

二つ目は、

教材が真新しい。

ワールドワイドキッズの教材は、分割お届けにしても、一年ですべての教材が届きます。

どの教材から始めなきゃいけない、ということはなく、お子さんが興味を持ったものから始めてください、という親に丸投げ(悪く言えば)な感じなんですよね。

最初はいろいろな物を試して、子供もそれなりに興味を持っていました。

それに比べてこどもちゃれんじEnglishは、こどもちゃれんじと同じく、月齢に合わせて教材が届くしくみになっています。

3歳前になると、その届いた教材が自分宛だということも分かるようになるし、その教材を開けるワクワク感もわかるようになるので、食いつきがハンパない。

ワールドワイドキッズの玩具は、とても良いものなのですが、同じおもちゃで数年子供が遊び続けるか…って言ったら、うちの子の場合は、新しいものに食いつくタイプだったようです。

こどもちゃれんじEnglish最初に届いた教材はコレ!

こどもちゃれんじEnglishは、2ヶ月に1回のペースで教材が届きます。

すでにこどもちゃれんじを受講している方だとわかるかと思いますが、DVDと知育玩具が届きます。

DVD

2回分の内容が一枚のDVDに入ってます。

2か月後に届く教材も、このDVDと連動してるんですね。

DVDにはもちろんしまじろうも登場します。

内容は、基本的には英語なのですが、ところどころで日本語も入っています。

完全英語に抵抗がある…!という方には聞きやすいと思います。

歌やダンス、また動作をしながらそれを英語で発音していたり、身体の部位を指しながら歌っていたりします。

こどもちゃれんじもそうなのですが、しっかり子供が見入るような内容になっています。

玩具

今回届いたのは、しまじろうの身体を押すと、英語で話したり英語の歌を歌ってくれる人形と、真ん中に誕生日ケーキのついている、こちらもボタンを押すと、英語や歌が流れるボードです。

ちょうどトイトレ真っ最中の時期に、トイレに関する教材も届き、そのやりとりも英語でできるようになっています。

いろっちもでてくる

DVDにはいろっちも出てきます。

とにかくこどもちゃれんじと同じキャラクターが出てくることが、子供の興味を引きやすく、私はとても良いな、と思っています。

食いつきが良すぎる!

ビックリするくらい食いつきが良かったです。

もともとこどもちゃれんじぽけっとも好きで、しまじろうも好きなので、毎月教材が届くとすごく喜んで遊ぶのですが、今回も同じように、すぐ遊び出しました。

玩具自体から音が出る

ワールドワイドキッズの知育玩具は、DVDと連動しているのですが、木でできた果物や積み木などもあり、これだけだと日本語で遊んでしまうんですね。

でもこどもチャレンジEnglishの知育玩具は、こちらもDVDと連動しているのですが、玩具単体で英語を発してくれるので、玩具だけでも英語に触れあうことができます。

3歳2ヶ月で届いた教材は英語のタブレットになっているものです。

DVD、絵本、おもちゃ全てが連動していて、今のところ届いたおもちゃは全て電子おもちゃです。

ちなみに最初の写真のしまじろうのぬいぐるみは、耳を押すと「ear」と話したり、「touch my face僕の顔を触ってみてねー」などと話すのですが、それを聞くと同じように真似して話してたりするんですよね。

これを子供一人で遊んでやっているので何かと楽です。(笑)

ワールドワイドキッズのDVDやおもちゃより、今現在の子供が興味をひくものがピンポイントで贈られてくるのが、こどもチャレンジEnglishの方が良いな、と感じています。

すでにこどもちゃれんじをやっている人にはおすすめ!

まだ初めて数か月、まだ何回か教材が届いただけなので、これが全てではないですが、今のところ「申し込んでみて良かった」と思います。

すでにこどもちゃれんじをやっていたり、しまじろうが好きな子だったら、間違いなく食いつくと思います。

ただ、こどもチャレンジEnglishを始めてみた!ワールドワイドキッズとの比較。でも書きましたが、本格的に英語を覚えさせたい!と思う方にはちょっと物足りないかなーと思います。

DVDは日本語も満載なので。

ただ「英語に触れあう」とか「英語に興味を持つ」いった点ではかなりかなり良いと思います。

最後に

こどもちゃれんじEnglish、英語をちょっとやってみようかな、と思っている人にはけっこうおすすめです。

届く教材ごとに(2回分)お金を払うという点と、途中解約ができ、またやりたくなったら始められるというところがとてもメリットだと思います。

もちろん年払いも可能で、その際の途中解約の場合はお金が戻ってきます。

子供の反応をちょっと見てみたいな、と思ったりしたときは、子供の月齢に合わせた教材が届くので、気軽に始めやすいと思います。

ワールドワイドキッズは、一気に教材が届き、子供が興味を持ったものから使ってみてくださいーみたいな感じなので、全く反応を示さない場合もあるんですよね。

とは言っても、ワールドワイドキッズもとても良い教材なので、これからも活用していくつもりです。

絵本などもワールドワイドキッズはとても充実していますしね。

でもしばらくはお気に入りになったこどもちゃれんじEnglishばかりになる予感。