グッズ・おもちゃ

赤ちゃんストーブガードおすすめ7選!選ぶ際のポインや注意点も!

赤ちゃん 石油ストーブ 安全

赤ちゃんのいる家で石油(灯油)ストーブを使う場合、ストーブガードは必須!!ですよね。

我が家も子供が生後3ヶ月の頃から石油ストーブ(やかんを置くタイプ)を使っているのですが、ストーブガードのおかげで安心して使えています。

そんな私の経験も踏まえて、口コミ評価が高い赤ちゃんのいる家におすすめのストーブガードをまとめたので紹介していきます。

【安全】が第一なのはもちろんですが、おしゃれなものや設置や収納が楽な物安くて丈夫なものなどさまざまなので、ぜひ購入前の参考にしてもらえたらなと思います^^

ストーブガードは大きくわけて2種類ある!

ストーブガードは、大きくわけると

  • ストーブ全体を囲うタイプ
  • ファンヒーターの吹き出し口に設置するタイプ

の2種類があります。

また、ストーブ全体を囲うタイプのストーブガードでも

【反射式(やかんを置けるタイプ)の石油ストーブ】

前面に上下にスライドできる扉がある

【ファンヒーター専用】

前面に扉がない(扉アリタイプもある)

と分かれているので、購入する際は気をつけてください。

反射式ストーブの場合、全面に扉がないと着火の際の面倒です。

さらに、ストーブ全体を囲うタイプには、4面タイプと3面タイプがあって、置く場所が壁に面している場合は、3面タイプでも良いかと思います。

反射式ストーブ 石油ファンヒーター
ストーブ全体を囲うタイプ ストーブ全体を囲うタイプ

吹き出し口のみ覆うタイプ

3面タイプと4面タイプ 3面タイプと4面タイプ
前面にスライド扉がある 前面に扉がない

我が家はやかんを置くタイプの石油ストーブだったので、ストーブ全体を囲う4面タイプを購入したのですが、ストーブの場所を移動することもあるので、4面にして正解でした。

必ずしもストーブが壁を背に置くとは限らない人は、4面タイプのストーブガードを買っておくと後で便利です。

ストーブガードを置く際の注意点

赤ちゃんのいる家でストーブを使う場合、ストーブガードも一緒に使うのは必須なんですが、だからと言って火を使っているので、確実に安全というわけではないんですよね。

いくつか注意点もお伝えしますね。

ストーブのそばには寄らせない

ストーブ全体を囲うストーブガードは、金属の棒を底にひっかけて、その上にストーブを置くので、ちょっと押したぐらいでは動くことはありません。

とは言え、特に、ズリばいやハイハイをし出した赤ちゃんは、気付かないうちに行動範囲が広がってることがよくあります。

そのため、寝がえりでゴロンとしたときに当たってしまったりつかまり立ちをストーブガードにしてしまったりしないように、気をつけてください。

私は子供が0歳の時から、ストーブもストーブガードも「ここはあちちだよ」とずーっと言い続けて、近づいたらすぐ離すようにしていました。

そのおかげか、少し大きくなってからも、ストーブに自ら近づくことは今のところ一度もありません。

行動が読めない赤ちゃんなので、万全を期したいところですよね。

ストーブがついてる部屋に赤ちゃんをそのまま放置しない

これも上記で紹介した内容と同じようなことですが、トイレなどでほんの数分離れる時も、ストーブがついている場合は、ベビーベッドやベビーサークルなどに入れておくようにしておくと安心です。

石油ストーブ(反射型)のストーブガード

それではさっそく赤ちゃんのいる家におすすめストーブガードを紹介していきますね。

まずは、やかんを置くタイプの反射式石油ストーブのストーブガードです。

ファンヒーター用のストーブガードはその後で紹介しています。

4面式ストーブガード

4面タイプのストーブガードは、ストーブ全体を覆うタイプです。

我が家で使っているストーブガードもこのタイプのストーブガードなんですが、360度が囲われてるので、ストーブを部屋のどこに置いても安心です。

組み立ても、ドライバー不要で女性一人でも簡単に設置することができます。

さらに収納時は折りたたむことができるので、置き場所にも困らないところもおすすめポイント。

前面に、上にスライドできる扉がついていて、その扉をあけてストーブの点火や消火をすることができます。

【サイズ】

横69.5㎝✖奥行52.5㎝✖高さ67.5㎝

【値段】

3,699円(税込み)

屋根付きストーブガード(5面)

続いては、屋根付きタイプのストーブガードです。

ストーブの周りだけじゃなく、上もしっかり覆うことができので、どんな動きをするかわからない赤ちゃんのいる家では、さらに安心して使えますよね。

高さがあるので、やかんも置くことができます。

このストーブガードは、ファンヒーターには使用できないので注意してくださいね。

【サイズ】

幅68.4×奥行50.5×高さ79.5cm

【価格】

11,340円(税込み)

3面式ストーブガード

3面タイプのストーブガードは、後ろ側はフェンスになっていないので、必ず壁を背にストーブを置くという人は、3面でも十分使えます。

大きめサイズのストーブにおすすめ。

【サイズ】

幅85×奥行62×高さ67.5cm

【価格】

3,999円(税込み)

ファンヒーター用ストーブガード

続いては、ファンヒーター用のストーブガードです。

ファンヒーターの場合は、吹き出し口だけ覆うタイプと、ファンヒーター全体を覆うタイプの2種類。

吹き出し口だけ覆うタイプのストーブガードも、熱くなりにくい素材で作られているので、スペースや、移動の面で、こちらのタイプを選ぶ人も多いようです。

アイリスオーヤマ 吹き出し口ガード

ここ数年注目を集めているアイリスオーヤマの吹き出し口ガードです。

吹き出し口全体を大きく覆っているのと、ガードがシリコンコーティングされているので、熱くならずやけどの心配もいりません。

また強力マグネットなので、簡単に取り付けることができます。

【サイズ】

横35.6㎝✖奥行12.7㎝✖高さ25.8㎝

【値段】

3,480円(税込み)

ファンヒーターガード

上で紹介した吹き出し用ストーブガードよりも、ガードの幅が広くなっているのでより安心です。

見た目はちょっと不格好ですが、パネルが植毛仕上げという熱くなりにくい素材になっています。

また、床までしっかり覆われているので、ハイハイやつかまり立ち、歩きはじめくらいの赤ちゃんがいる家にはおすすめです。

【サイズ】

幅32~58㎝✖奥行21.5㎝✖高さ31.5㎝

【価格】

3,950円(税込み)

ファンヒーター用ストーブガード

ファンヒーター全体を囲うタイプのストーブガードです。

植毛仕上げという熱くなりにくい素材になっています。

ヒーターが動かないようにしっかりと固定されているので、安心感がありますね。

こちらのタイプは全面がスライドドアになっていますが、反射式ストーブには使えません。

【サイズ】

幅58cm×奥行50cm×高さ65cm

【適用サイズ】

幅48cm×奥行37㎝以内の石油ファンヒーター専用。

※ストーブには使用できません。
※吹き出し口が左側にあり高さが床から30cm以内のもの

【価格】

4,980円

ベビーサークル型ストーブガード

ストーブ専用のサークルではなく、ベビーサークルをストーブガードとして使用することもできます。

冬場以外は赤ちゃんの遊び場としても使えるので、一年中無駄がないのが良いですね。

ノースステイツスーパーヤード6面

6面が1セットになっているベビーサークルです。

ストーブガードとしてはもちろん、赤ちゃんを囲うベビーサークルとしてや、こんな感じで広く使うこともできます。

見た目がお洒落なのでインテリアの邪魔にもなりません。

ただ、壁に設置する場合は工具が必要になります。

しかし設置やとりはずしが簡単で、使わない時は折りたたんで収納することができます。

【サイズ】

36.6㎝✖76㎝

【価格】

34,400円

ベビーダン ハースゲート

デンマーク製のハースゲートもおしゃれでしっかりとした作りになっています。

こちらは5枚セットのものですが、フェンスを追加することでサークル状に組み立てられるようになっています。

こんな使い方もできるそうですが、おしゃれすぎません??

しっかりとした作りなので組み立てが大変そうにも思えるのですが、組み立ての目安時間は約20分で、案外簡単に取り付けられます。

【サイズ】

上記リンクから直接ご確認ください。

【価格】

19,800円(税込み)

赤ちゃんストーブガードおすすめ7選!まとめ

赤ちゃんのいる家におすすめのストーブガードをまとめてみました。

赤ちゃんのいる家では暖房器具は特に気を使いますが、できるだけ安心して使いたいですよね。

お部屋の広さ、ストーブの大きさなど、ご自宅に合ったストーブガードが見つかると良いですね!