子育て

お風呂のおもちゃにカビハイターやカビキラーは使っても大丈夫?簡単お手入れ方法を紹介!

【お風呂のおもちゃにカビハイターやカビキラーは使っても大丈夫?簡単お手入れ方法を紹介!】

気を付けているつもりでも、お風呂のおもちゃにカビが生えてしまうことってありません??

我が家のお風呂にもおもちゃがたくさんあるのですが、ふと子供が遊んでるおもちゃを見ると

く、黒ずんでる…!!

さらにあまり使っていないおもちゃを触ると、ぬめりもある。

これはヤバいと思い、早速お手入れを開始しようと思ったのですが、そもそもお風呂のおもちゃにカビハイターやカビキラーって使って良いの?と疑問に思ったんですよね。

赤ちゃんだと口に入れるからね。

とは言えめんどくさいからパパっとカビを除去できると助かるんだけどな~と思いながら、やっぱり心配だったので、キッチンハイター(&カビハイター)の会社とカビキラーの会社に直接電話で聞いてみました(笑)

ということで、今回は、

  • お風呂のおもちゃにカビキラーやハイターは使えるのか
  • お風呂のおもちゃにカビが生えてしまった時の対処方法
  • 手抜きだけどしっかり清潔に保てるお手入れ方法
  • 便利な収納グッズ

などについて詳しく紹介していきたいと思います。

お風呂のおもちゃにカビキラーは使える?

お風呂 おもちゃ カビキラー

お風呂のカビ取りと言えば”カビキラー”。

吹きかけておくだけである程度のカビを除去してくれる”カビキラー”ですが、お風呂のおもちゃにも使って良いのか、カビキラーの会社であるジョンソンに問い合わせてみました。

ここから問い合わせのやりとり⇓

私
お風呂のおもちゃにカビが生えてしまった場合、カビキラーを使っても大丈夫なのでしょうか?
ジョンソン
ジョンソン
カビキラーの用途が、お風呂掃除用となっているため、お風呂のカビには効果的なのですが、用途以外でのご使用はおすすめできません。

ごもっともな回答。

ジョンソン
ジョンソン
お風呂のおもちゃのカビでしたら、風呂釜洗浄のジャバですと、お風呂の小物や椅子なども一緒に除菌できるので…

とのことです。

そりゃあ会社としては「用途以外にも使えます!!」なんて言えるわけないですよね。

カビキラーは、吹きかけた部分が口に入ることを想定して作られていないので、やはりなんでも口に入れてしまう時期の赤ちゃんのおもちゃには、あまり使わない方が良いのかもしれませんね。

ちなみにカビキラーの会社であるジョンソンの方が言っていましたが、風呂釜洗いのジャバは除菌も一緒にできるということで、我が家もたまのお手入れの時には、おもちゃも一緒に入れるようにしています。

確かにぬめりとかしっかりとれますよ。

お風呂のおもちゃにキッチンハイターやカビハイターは使える?

続いて、キッチンハイターやカビハイターを販売している月のマークの花王さんにも問い合わせてみました。

ここから問い合わせ⇓

私
お風呂のおもちゃのカビ取りに、キッチンハイターやカビハイターは使えますか?
花王
花王
カビハイターは、浴室内の壁や天井、床などにお使いいただけるもので、おもちゃなどお口に入るかもしれないものにはお使いいただけません。
そうですか。
花王
花王
キッチンハイターに関しましても、布巾やおしぼり、食器などにお使いいただけるものなので…
私
食器って口をつけますよね。食器に使えるってことは、おもちゃにも使っても問題はないんですかね?
花王
花王
そ、そうですね…。あくまでもキッチンハイターは、布巾やおしぼり、食器などキッチンの物に使っていただく物なので…
私
会社としては用途以外に使えますとは言えないですもんね、すみません。
花王
花王
あ、いえいえ~

とこんなやりとりがありました。

花王の方がちょっと返答に困っていたので、こんな問い合わせをする人はいないのかもしれませんね。

お風呂で使えるカビハイターに関しては、カビキラーのジョンソン同様「おもちゃに使うのはおすすめできない」とのことです。

キッチンハイターに関しては、食器にも使えるものではあるので、私の解釈としては自己責任ということかなと思いました。

お風呂のおもちゃにカビが生えた時のお手入れ方法

ここからは、お風呂のおもちゃにカビが生えてしまった時のお手入れ方法について紹介していきます。

調べてみると、お風呂のおもちゃのカビ取りに、”カビキラー”や”カビハイター””キッチンハイター”を使ってるという人もけっこういるんですよね。

ただやっぱり心配という人もいると思うので、さまざまな方法を紹介していきたいと思います。

重曹水につけ置き⇒こすり洗い

重曹水につけ置きした後にこすり洗いすることで、おもちゃについたカビをとることができます。

用意するのは

  • 重曹
  • 洗面器
  • いらない歯ブラシ

歯ブラシは、取り切れなかった汚れをこするために一応準備。

重曹は、普段の掃除にもかなり使えるので、ネットでいつも買っています。

私も実際にやってみましたが、ヌメリや軽い汚れだけなら、重曹につけておくだけで取れます。

しかし、頑固なカビはこする必要がありました。

取り切れなかった汚れを、歯ブラシで擦るだけでしっかりと綺麗になりました。

酸素系漂白剤につける

重曹がない場合は、酸素系漂白剤につけておいてもOKです。

酸素系漂白剤と言えば”オキシクリーン”

 

我が家では、子供の食事エプロンはいつもオキシクリーンにつけ置きしてから洗っていました。

使えるシーンがたくさんあるので一つあると便利ですよ。

こちらも重曹と同じように、洗面器やバケツにお湯かぬるま湯をはり、酸素系漂白剤に30分ほどつけておきます。

キッチンハイターにつける

重曹やオキシクリーンでとれなかった場合は、キッチンハイターを使うとよく取れます。

ちなみにメーカーさんは推奨していないので自己責任です。

私は最初は抵抗があったのですが、カビがしっかり取れてない方が問題だと思い、キッチンハイターを吹きかけてから10分~15分ほど置いておきました。

その後しっかりと洗い流します。

さらに私は、その後で食器洗い洗剤とスポンジで洗うようにしていました。

お湯だけだとちゃんと洗い流せているか不安で。

キッチンハイターを使うと、汚れやカビは確かにとても綺麗に取れるのですが、おもちゃの素材によっては、色落ちしたりする可能性もあります。

なので、キッチンハイターにつける場合は、あまり長く放置しないように気を付けてください。

キッチンハイターは気が引ける…という方は、哺乳瓶消毒に使うミルトンでもいけます。

成分的にはほとんど一緒なんだそうです。

毎回ミルトンだと少々割高になってしまうかもしれませんが、安心を買うという意味では、赤ちゃんの場合ミルトンの方がおすすめです。

カビやヌメリがつかないようにするには?

お風呂 おもちゃ カビ ハイター

そもそもカビやヌメリがつかないようにしておくことが一番なのですが、そのために最も大事なのは、ズバリ「乾燥させること」です。

濡れたまま放置していたり、その状態で壁や床にくっついた状態ですと、カビがはえやすくなってしまうんですよね。

我が家はお風呂のおもちゃはずっとお風呂に置きっぱなしだったのですが、一度カビが生えた時から持ち込み式に変更しました。

使ったおもちゃはネットやカゴに入れて、毎回お風呂から上がる時に外に出しておきます。

自分の体を拭いたバスタオルの上などに並べておくと、数時間後には乾いているので、また翌日お風呂に入る時に持って行きます。

毎回乾燥させてるので、普段のお手入れもかなり楽になりました。

もし浴室内に保管する場合は、100均などに売っているネットに入れたり、水の切れる網のついてる入れ物に入れておくとカビが生えにくくなります。

お風呂のおもちゃの収納グッズおすすめ

気付くと増えていくお風呂のおもちゃ。

どんどん捨てれば良いのですが、なぜか溜まっていってしまうんですよね。

私は以前、アヒルが30匹くらい入ったものをもらったのですが、最初は「わぁ!」と喜んでましたが、使い始めてから、「これ収納大変」と困ったことがありました。

あひるも放置しておくと黒くなってたりすんですよね。

そこでお風呂のおもちゃにカビが生えにくくするためのおすすめ収納グッズを紹介していきます。

①キッズバスラック・くまかえるぱんだ

こちらは吸盤がついていて、浴室の壁に浮いた状態でつけることができます。

底は網状になっているので、水がしっかり切れるようになっているので、乾燥させやすいのが嬉しいポイント。

動物なので、子どもも進んでお片付けしてくれるかな、と思い私も購入しました。

が、しかし、うちの浴室の壁、吸盤がつかないタイプだったんです。

吸盤が付かなかったら床に置くしかないので、底が網状になってるメリットはあまり感じてません。

しかしけっこう大きくたくさんのおもちゃが収納できます。

購入する場合は、先に吸盤がつく壁か確認してからの方が良いです。

②スパイダーネット

こちらは吊り下げタイプのおもちゃ収納ネットです。

お風呂に限らず、部屋の中でも使えます。

ハンモックタイプなのでお子様自身でも楽しく片付けることができます。

③バストイバッグ

こちらもネットタイプの収納ケースです。

3カラーあり、好みによって選べます。

両側に紐がついているので、吸盤や、S字フックにもかけることができます。

見た目がかわいいので、インテリアにもピッタリです。

まとめ

かがでしたでしょうか。

お風呂のおもちゃはマメに乾燥させることが大切です。

しかし毎回1つづつ拭いていくなんて時間がかかりすぎてしまいます。

そんな時は速乾性のある収納ボックスを利用して、少しでもカビやヌメリが発生しないようにしていきたいものです。

私は日々便利グッズや時短方法を探していますのでまたおススメ情報がありましたら追記していきたいと思います。

楽しいお風呂タイムを過ごしつつ、ママたちの手間が少しでも省けますように☆

こんな記事もおすすめ