離乳食

離乳食のだしを簡単にとる方法!時期別だしの使い方や保存方法も紹介

こんにちは、ハルです。

離乳食初期から使えるだしは、少しづつ離乳食に慣れてきた赤ちゃんに、味付けとして使うことができます。

1からだしを取るなんて大変なんじゃ…と思うママもいるかと思いますが、ここでは超簡単なだしのとり方を紹介します。

と言うのも、私自身が超めんどくさがり屋なんですが、赤ちゃんにはちゃんとしたものをあげたい、という思いが強かったので、簡単でしっかりだしのとれる方法を調べまくって、実際に離乳食に使っていました。

毎回だしを取るのは大変なので、離乳食用のだしの保存方法や保存の仕方、時期別のだしを使った離乳食レシピを紹介していきますね。

離乳食に使えるだしの種類と取り方

和風だし

離乳食作りで一番使うことの多いだしです。

離乳食を始めたばかりは、だしなどの味付けはせず素材のみで慣れさせていくと思いますが、慣れてきたら初期からだしを使うことができます。

和風だしのとりかた

<材料>
かつお:15g(小分け袋だとわかりやすい)
こんぶ:10cmくらい

<作り方>
①こんぶにハサミなどで切込みを入れる。
②鍋に水5カップと昆布を入れてつけておきます。
③15分から20分ほど経ったら火をつけて、中火で煮立つ前に取り出します。
④火を弱火にし、ここにかつおぶし15gを入れ1~2分ほど煮ます。
⑤キッチンペーパーなどでかつおぶしをこして完成です。

注:かつおぶしは煮立たせるとうまみが逃げてしまうので、沸騰する前に火を止めてください。

この作り方はちょっと面倒なのですが、おいしいだしがとれます。

ここからは超簡単だしのとり方です。

昆布だし

<材料>
昆布:1枚
水:1リットルほど

<作り方>
①昆布は綺麗な布で軽く拭きます。
②大きめのタッパーに昆布と水を入れ、冷蔵庫に入れて一晩ん寝かせます。
③完成です。

※時間がない場合は、2~3時間置いたあと、鍋で火にかけ、沸騰する直前で火を止めるとすぐ使えます。

かつおだし

<材料>
かつおぶし:10g(小分け袋が楽です)
お湯:300ml

<作り方>
①耐熱容器にかつおぶしを入れ、熱湯を注ぎます。
②かつおぶしが沈んだら、ペーパータオルでこして使えます。

※上記の昆布だしと合わせて使うことも可能です。

干ししいたけだし

<材料>
干ししいたけ:5~6個

<作り方>
容器に干ししいたけと、しいたけがかぶるくらいの水を入れて3~4時間寝かせます。

※しいたけのだしは、離乳食が少し進んで野菜になれた頃におすすめです。

野菜だし(洋風だし)

<材料>
キャベツ・人参・玉ねぎ・大根・かぶなど(食べたことのある食材ならOK)

<作り方>
①鍋に野菜と、野菜が浸るくらいの水を入れて火にかけます。
②煮立ったらよわびにして、時々アクをとって20分ほど煮込みます。
③冷ましてペーパータオルなどでこして使うことができます。

※ほうれん草はアクが強いのであまり向いてません。
煮込んだ野菜は離乳食に使えます。

だしパックを使う場合

耐熱容器に、無添加のだしパック1個と少なめの水を入れ、電子レンジで1~2分加熱すると、すぐ使うことができます。

離乳食用だしの保存方法

作っただしは、冷蔵庫か冷凍庫で保存することができます。

製氷機や離乳食用の保存トレーに小分けにして保存すると、使うときにかなり楽になります。

冷凍保存の場合、凍ったらジップロックに移し替えて、作った日付を書いておくとわかりやすいです。

保存トレーの場合一回分の量がわかるので、私はだし以外の離乳食も全てトレーで冷凍保存していました。

かわいいジップロックを使うとちょっとテンション上がります(笑)

どのくらい保存できる?

離乳食用のだしの保存期間は

冷蔵庫の場合は3日以内に使い切るようにしましょう。

冷凍保存の場合は、1週間を目安に使い切るようにしましょう。

大人の料理にも使える

離乳食用に作っただしは、大人の料理にももちろん使えます。

市販のだしに比べて美味しいので、私もよく使ってました。

だしを使った離乳食レシピ

時期別にだしを使った離乳食レシピを紹介します。

離乳食初期のだしレシピ

だしがゆ

<材料>
10倍かゆ:大さじ2
だし:大さじ1

<作り方>
10倍かゆをなめらかにすりつぶし、だしをかけて混ぜ合わせたら完成。

ブロッコリーのだし煮

<材料>
ブロッコリーの花の部分:大さじ1
だし:大さじ4
水溶き片栗粉かとろみの素:少々

<作り方>
①鍋にブロッコリーとだしを入れ柔らかくなるまでゆでる。
②火を止めて水溶き片栗粉かとろみの素を入れ混ぜて完成。

離乳食中期のだしレシピ

にゅうめん

<材料>
ベビー用そうめん:20g
人参・かぶ:15g
だし:100ml

<作り方>
①そうめんは柔らかく茹で小さく切る。
②や差をだしで煮て、柔らかくなったらそうめんを加えて完成。

カボチャ豆腐

<材料>
かぼちゃ:15g
だし:かぼちゃが隠れるくらい
絹豆腐:20g

<作り方>

①鍋にかぼちゃとだしを入れ柔らかく茹でる
②柔らかくなったカボチャをすり潰す
②豆腐を電子レンジで20秒ほど加熱する
③豆腐の上にカボチャとだし汁少々をかけて完成。

離乳食後期のだしレシピ

卵とじうどん

<材料>
ゆでうどん:60g
卵:1/2個
だし:1カップ

<作り方>
①うどんを食べやすく小さく切り、鍋にだしとうどんを入れて5分煮る。
②卵をといで鍋に回し入れて、卵に火が通ったら完成。い

離乳食に市販のだしは使っても良いの?

市販のだしってどうなんだろう?

離乳食に使っても良いのかな?と私は思っていあtのですが、私の持っている離乳食本にも、区の離乳食教室で会った栄養士さんにも、母乳外来で行った助産師さんにも、「たまにはBFのだしを使っても大丈夫だよ」と言われたので、使っていました。

※BF=ベビーフード

無添加の物

離乳食に市販のだしを使う場合は、できるだけ無添加のものを選ぶようにしましょう。

また、化学調味料が無添加でも、食塩が入っていることもあるので、離乳食初期の頃は特に、食塩も無添加のものを選ぶと良いです。

大人用のだしの素はいつから使える?

ほんだしなどの市販の顆粒だしには、食塩や添加物が使われています。

そのため、1歳を過ぎたくらいを目安に使う方が良いと思います。

離乳食におすすめの市販だし

離乳食用の市販のだしは、お湯に溶かすタイプのものや、ティーパックになっているもがあります。

簡単なだしのとり方と言っても、毎回素材からだしを取るのが大変だったり、冷凍ストックしてたはずのだしがない!という時もあったりします。

なので、離乳食におすすめの無添加だしをいくつか紹介します。

①和光堂 和風だし


和光堂の顆粒和風だしです。
一袋50g20杯分とれて税込み306円です。
原材料は、かつお節エキス、昆布エキス、デキストリン、食塩が入っています。
デキストリンとは、でんぷんを消化吸収しやすいように分解したものだそうです。
生後5ヶ月~の離乳食初期から使えると書いてあるのですが、食塩が入っているので、離乳食初期に市販のだしを使う場合は、食塩無添加のもを選ぶ方が良いと個人的には思います。
赤ちゃん用品店やドラッグストアでも購入できるので助かります。

②国産無添加だしパック


食塩、化学調味料無添加の、国産だしパックです。
原料は全て国産のため、離乳食にも安心して使えます。
10g25袋入りで税込み1000円

④すくすくあんしんだし


食塩、化学調味料無添加の、かつおだしといりこだしです。
ティーパックになっているのでだしを取るのも簡単です。
離乳食用のいりこだしはなかなか見かけないので、人気があるようです。
5g10袋づつ入っています。
セットで税込み1620円

⑤無添加ほんだし


リケン 素材力だし 本かつおだしお徳用 5g 28本

無添加のほんだしは、スーパーでも取り扱ってるお店もあります。

食塩も無添加なので、離乳食期も使いやすいです。

⑥無添加コンソメ

大人用のコンソメは、離乳食が完了した1歳半以降から使うと良いです。

味が濃いため、水やお湯を多めにして、少し薄めてあげるようにしましょう。

離乳食にだしを使う理由

離乳食初期の頃は、素材の味そのままで良いのですが、少しづつ味付けしたものを食べさせていくのに、だしがおすすめです。

だし自体にも素材の味が出ているので、赤ちゃんの食欲もUPさせてくれます。

最後に

いかがでしたでしょうか。

だしを取るのってけっこうめんどくさいイメージもあるかもしれないですが、一度取り方を覚えてしまうとけっこう簡単です。

離乳食の時期は、食べ物を食べる練習と味覚を育てる期間でもあります。

素材から取っただしはとても美味しいので、ぜひ赤ちゃんに食べさせてあげてください。