育児

赤ちゃんに歩行器は使っちゃダメ?!歩行器の必要性と使う際の注意点

こんにちは、ハルです。

歩行器と言えば、育児グッズの一つとして耳にしたことがある方も多いと思います。
かくいう私も、子供の頃に歩行器に乗っている写真があったため、小さい頃に使っていたようです。

うちの子が0歳の時に、実母が歩行器を買ってくれるというので、近所の赤ちゃん本舗に買いに行きました。

しかし、どこを探しても歩行器が見当たらない。

そこで店員さんに聞いてみると、絶対に気づかないであろう隅っこのほうに置いてありました。
しかも、ベビーカーやチャイルドシートはたくさんの種類が並んでるのに対し、歩行器はたった2種類だけ。

店員さん曰く、「今は歩行器を使っている人は少ないんです。」とのこと。

「えぇ~そうなの?!」と思い、それから歩行器のことについて、めっちゃ調べました。

使って良いのか?悪影響があるのか?なんで今使わない人が多いのか。

だって、実母の勢いに押され、買ってしまったんですもん…。

それなりに場所をとるものなので、買った以上使わないわけにはいかないし、かといって、子供に悪影響があったりしたら困るし…。

そこで今回は、歩行器の必要性と、使う際の注意点について詳しく紹介していきます。
また、実際私が使ってみて思ったことも書いていきますので、歩行器を買おうか迷っている方の参考になればと思います。

歩行器は使わない方が良いってホント?

歩行器は育児アイテムの一つとして、昔から親しまれてきました。

しかし現代では、歩行器を使用するかしないかにおいて、賛否両論があるようです。

そもそも歩行器とは

名前の通り、赤ちゃんの歩行の手助けをしてくれるアイテムです。

赤ちゃんを囲むようにテーブルのようなものがついていて、イスの部分は布になっています。

車輪がついているため、まだ歩けない赤ちゃんも、歩行器を使うことによって、広範囲を移動することができます。

使用時期は、腰が据わってから。

個人差はありますが、だいたい8~9ヶ月くらいが目安です。

腰座り前に使用してしまうと、足腰の筋肉の発達の妨げになったり、赤ちゃんの腰に負担がかかってしまいます。

ハイハイをあまりしなくなる

歩行器を使わない方が良いとされている一番の理由が、ハイハイをする機会が減る、ということのようです。

赤ちゃんは、お座り→ズリばい→ハイハイ→たっち、と、段階を踏んで成長していきます。

そしてそのすべての動作は、赤ちゃんの成長においてとても大事なものなのです。

特にハイハイは、全身の筋肉を使うため、赤ちゃんの筋肉の成長にとても良いとされています。

実際に大人がハイハイをしてみると、けっこうキツイんですよね。

そのくらい運動量があります。

歩行器を使うことによって、このハイハイをする機会が減ってしまう可能性があります。

そのためその時期でしか得ることのできない成長に必要な要素を、奪ってしまうということになりかねないというわけです。

事故が起きやすい

歩行器を使うことによって、赤ちゃんの行動範囲は広がります。

今までズリばいやハイハイでしか移動することができなかった赤ちゃんも、歩行器に乗ることによって、広範囲で動き回ることができます。

そのため玄関などのちょっとした段差から落ちてしまったり、2階の階段から転落してしまうという事故も実際に起きています。

歩行器のメリット・デメリット

とは言っても、歩行器にはメリットもたくさんあります。

ここでは歩行器のメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

赤ちゃんの世界が広がる

うちの子を初めて歩行器に乗せた時の輝いた笑顔は忘れられません。
まず視線が一気に上がるため、見える世界が変わります。
また、思うように動き回れなかった赤ちゃんが、スイスイと自分で遠くの方まで行けるようになるのです。
うちの子は本当に楽しそうで、これだけで歩行器を買ってよかったな、と思うくらいでした。

パパママが楽になる

ズリばいやハイハイで目が離せなかった赤ちゃんも、歩行器で一人で楽しく遊んでくれます。
ストッパーが付いているものが多いので、一時的に赤ちゃんを歩行器に置いておくこともできます。
うちの子はベビーベッドもベビーサークルもとても嫌がったので、どうしても手が離せない時などは、歩行器にストッパーをかけて子供を乗せておくこともありました。

食事用テーブルとしても使える

歩行器は、前側がテーブルになっているものやおもちゃが付いているもの、音楽がなるものなどいくつか種類があります。

私はテーブルタイプを購入しました。

我が家の赤ちゃん椅子は、バンボとマメ椅子があったのですが、バンボは抜け出してしまうけどマメ椅子はまだちょっと早い、という時期は、いつも歩行器で食事やおやつを食べていました。

うちの子は歩行器が大好きで、おとなしく座ってくれていたのでとても助かりました。

デメリット

思わぬ事故に合う可能性がある

玄関や階段以外でも、少しの段差でバランスを崩してしまうことも。
そのため歩行器を使っている間は目が離せません。

高いところに手が届くいてしまう

まだまだ届かないであろうと思っていたところに、届いてしまいます。
うちの子の場合、まだつかまり立ちもしないし、と油断していたテーブルの上にあるものに手が届いてしまいました。
またドアノブにも届くため、そのうち開けられるようになる可能性もあります。

筋肉の発達の妨げになる

上記でも少し書きましたが、長時間歩行器に乗せることによって、成長の妨げになることもあります。
また、常につま先立ちの状態でいることになります。

場所をとる

歩行器はかなり場所を取ります。
円形状になっているため、使わない時にしまっておくというのもなかなか難しいです。

歩行器を使う際の注意点

メリット・デメリットを把握したうえで、実際に使う際の注意点を紹介していきます。

部屋の環境を整える

歩行器に乗せることにより、赤ちゃんの行動範囲は一気に広がります。

今までは絶対に届かなかった場所にも、手が届いてしまうこともあるため、低いところだけではなく、高いところに置いてあるものや、家具の角にぶつかり防止の対策をする必要があります。

また、段差だけではなく、コードに引っかかってしまうこともあります。

そのため、コードはまとめて置くなどの対策が必要です。

歩行器にばかり座らせない

実際歩行器を使ってみて思ったのは、親がとても楽です。

子供もとても楽しんでいるので、ついつい乗せておいてあげたくなるのですが、歩行器に乗せるだけではなく、ズリばいやハイハイもしっかりさせる必要があります。

我が家は保育園に通っていたのもあって、歩行器を使うのは夜ごはんを食べる時とそのあと少しくらいでした。

日中は保育園で思う存分ハイハイをしてもらって、自宅でもズリばいハイハイをたくさんさせるようにしていました。

目を離さない

歩行器によって世界の広がった赤ちゃんは、好奇心旺盛です。

予想以上に動き回れるようになるので、目は離さないようにしましょう。

また、ある日突然、自ら歩行器から脱出できるようになってたりします。

うちの場合は、脱出を何度か試みて、気づけば一人で抜け出せるようになっていました。

歩けたり立っちできる時期になっていればまだ良いのですが、抜け出したはいいけど、そのまま歩行器の上から落ちてしまう可能性もあります。

使う場所をチェック

段差のない場所で使うようにしましょう。

もちろん、下り階段のある、2階以上で使用するのはあまりおすすめできません。

階段にベビーガードをしていても、勢い余って歩行器ごとぶつかって、ガードがはずれるということもあるかもしれません。

赤ちゃんに合った歩行器を

先ほども述べましたが、歩行器にはテーブルかついているものや、おもちゃがついているものがあります。

私は迷ったあげくテーブルタイプにしました。

おもちゃ付きの方が子供の食いつきは良いと思ったのですが、そのおもちゃに飽きる可能性もあるので、その時その時に好きなおもちゃを乗せて遊べるようにと、シンプルなテーブルタイプにしました。

おすすめ歩行器6選!!

●シンプルなテーブルタイプの歩行器


まぁるいほこうき【送料無料】コンパクトに収納可能なベビー歩行器!(JTC/ベビーウォーカー/ベビー用歩行器/赤ちゃん用歩行器/軽量/おすわり/はいはい/あんよ/歩く練習/ママ/消音キャスター/フローリング/ギンガムチェック/移動/折りたたみ可能/コンパクト/円型)


シンプルウォーカー ブラウン ストップマット付き 【RCP】【送料無料】【ベビー】【赤ちゃん】【幼児】【男の子】【女の子】【歩行器】【車】【乗り物】【キャスター】【セーフティ】【セイフティー】【安全グッズ】【丸型歩行器】【O型歩行器】【店頭受取対応商品】

●おもちゃ付き歩行器


ベビーウォーカー2 グリーン 【RCP】【送料無料】【ベビー】【赤ちゃん】【幼児】【男の子】【女の子】【子供】【歩行器】【車】【乗り物】【キャスター】【セーフティ】【セイフティー】【セイフティーグッズ】【安全グッズ】【店頭受取対応商品】


日本育児 はらぺこあおむし 2in1ウォーカー対象年齢6か月から12kgまで 6360002001 歩行器 トレーニング ベビー 赤ちゃん 手押し車 キャラクター 【送料無料】

●キャラクター歩行器


【在庫有り】【送料無料】ディズニー ベビー ミニーマウス ミュージック & ライト ウォーカー 《ミニー ドット》 歩行器 ベビー 赤ちゃん ベビーウォーカー トレーニング おもちゃ 折りたたみ 室内 セーフティーグッズ Disney Baby Minnie Mouse Music & Lights Walker


【在庫有り】【送料無料】ブライトスターツ ディズニー くまのプーさん ベビー ウォーカー 歩行器 赤ちゃん トレーニング トイステーション おもちゃ 折りたたみ セーフティーグッズ 軽量 コンパクト Disney Baby Winnie The Pooh Happy As Can Bee Walker Bright Starts

最後に

歩行器は、正しい使用方法や、使用時期に、長時間使用しなければ問題はありません。

パパもママも赤ちゃんも、今までと違った世界が見えるので、育児アイテムとしてはとても優れものだと思います。

私個人的にも、歩行器を買って良かったと思っています。

これから買おうか迷っている方は、ぜひ、使用時期や使用上の注意点などを把握したうえで、お子様に合った歩行器を見つけてくださいね。