子供とお出かけ

淡路島のホテル花季に赤ちゃん連れで行ってきた!0歳2歳と一泊!

ヒルナンデス 杉野遥亮  片寄涼太 温泉宿 どこ

兵庫県淡路島にある「渚の宿 ホテル花季(はなごよみ)」に2歳と0歳を連れて行ってきました!

と言っても兄弟ではなく、私の子供2歳児と、友達の子供0歳児の、母2人子2人の4人旅行です。

これまで何度か、子連れで温泉旅館に泊まりで行ってきましたが、毎回夫か祖父母が一緒だったので、母一人子一人の旅行は初めて。

しかもうちの子は2歳5か月。

イヤイヤ期真っ盛りでとても大変な旅になりましたが、いい勉強にもなりました。

ちなみに友達の子供は0歳11ヶ月です。

そんな中選んだ温泉旅館は

「渚の荘 花季(はなごよみ)」

「渚の宿 花季(はなごよみ)」は、お子様歓迎の宿だったので、それほど心配することなく行ってきました!

今回はその時のことについてを書いていきたいと思います。

淡路島 渚の宿 ホテル花季(はなごよみ)を選んだ理由

私が「渚の宿 ホテル花季(はなごよみ)」を選んだ理由は、最初にも書いたのですが

「お子様歓迎の宿」だったからです。

小さな子供連れの旅行って、とにかく気を使うんですよね。

ただでさえ大変なのに、せっかく行って気疲れするのも嫌だし、お子様歓迎の宿なら、子供連れのお客さんも多いので、その方が精神的に楽かな、と思ったんです。

今回行った「渚の宿 花季(はなごよみ)」は、ベビーソープやおもちゃの貸し出しもあったりと、子連れでも行きやすい雰囲気だったのでここに決めました。

全室オーシャンビュー。

隣接しているホテルニュー淡路の貸切露天風呂がついていて、夕食は食事処ですが半個室ということでした。

渚の荘 花季(はなごよみ)に子連れで行った感想

今回私たちは、お子様歓迎ファミリープランというものを予約していきました。

プランの詳細は、小学生未満の添い寝のお子様は朝食が無料。

朝食はバイキングでしたが、うちの子は2歳5か月で、今まで行った旅館はだいたい3歳未満は無料だったなぁと思いましたが、これがこのプランの特典です。

また、おむつポットやバウンサー、おもちゃや絵本、ベビーシャンプー&ソープが準備されています。

これに、貸し切り風呂50分が付いているプランです。

金額はその日によっても違うと思うので書きませんが、私たちは平日に行ったのですが、平日でも割と高めの料金設定だったので、けっこうハイクラスな宿かと思います。

15時チェックイン

着いてからゆっくりしたいということで、15時チェックイン。

駐車場に車を停めていると、男の方が荷物を持ちにやってきてくれました。

子供好きな方のようで友達の赤ちゃんにいっぱい話しかけて泣かれてました(笑)

人見知りの時期だから仕方ない。

でも、到着してすぐに子供に話しかけてくれたり、とても気遣ってくれてるのを感じました。

チェックインして部屋へ。

通された部屋はとても広々していて、テーブルがない!

畳の上にはクッションが二つ置いてあるだけなので、2歳のうちの子は大はしゃぎで走り回ってました。

11ヶ月の友達の子も悠々自適にハイハイしてました。

おそらく、ファミリープランの部屋だからテーブルがないのだと思いますが、これはとても良いと思いました。

旅館に泊まってテーブルがなかったのは初めてですが、広々使えて私たちにはとても良かったです。

貸し切り露店風呂は冬に入るもんじゃない

ホテル花季(はなごよみ)には、貸し切り風呂がないので、隣接しているホテルニュー淡路の貸し切り露天風呂を利用します。

ちなみに私たちが行ったのは真冬の2月だったんですよね。

乳幼児連れだったので、大浴場よりは貸し切り風呂の方が良いと思って予約したのですが、真冬の貸し切り露天風呂は入るもんじゃないと、心も底から思える時間となりました。

ホテル花季(はなごよみ)から、隣のホテルニュー淡路に行くには

「一回外に出なくちゃいけなかった…!」

隣のホテルの貸し切り風呂を利用しなきゃいけないなら、連絡通路くらいあっても良いのでは…とちょっと思いましたが、まぁそれは仕方ない。

私たちは夕食前に貸切風呂を予約していたのでまだ良かったのですが(それでも寒かったですが)、夜だったらめちゃめちゃ寒かったと思います。

貸切風呂でどんなに温まっても、ホテル花季(はなごよみ)に戻る途中で100%湯冷めすると思います(笑)

肝心の貸し切り露天風呂はというと…

2月の海の真ん前の露天風呂って、地獄かと思うくらいに寒い!

部屋もオーシャンビューなら露天風呂もオーシャンビュー。

とても天気は良かったのですが、容赦ない海風が真っ裸の私たちを襲ってきました(笑)

ホテルニュー淡路の貸し切り露天風呂には、洗い場もついているので、チャチャっと体を洗って早速お風呂に。

海を眺めながら入る露天風呂は最高!でした。

問題はここからです。

ホテルニュー淡路の貸し切り露天風呂は、外に脱衣所があるんですよ。

ということは、お風呂から上がって着替えるのも外。

自分で体を拭いて着替えることのできない0歳と2歳。

一緒にあがって子供の身体を先に拭いてたら大人が凍え死ぬ!

うちの子はお風呂の中で一人で立てたので、その隙にまず私が着替える。

それから友達の0歳児を私が支えながらお風呂につからせて友達が着替え、そのあと二人で子供を着替えさせる。

修行でしたね。

せっかく温まった体も着替えている間に冷えてしまい、さらにそのあと花季(はなごよみ)に戻るためには再び外に一回出ないといけないので、また冷える。

お風呂に入らなかった方が温かかったかもしれません。

と、2月の貸切露天風呂はやめよう。という答えが出ました。

ただ、貸切露天風呂自体はとても素敵な場所でした!

私たちは季節を間違えました(笑)

景色も良かったので、写真を撮るためにスマホも持って行ったのですが、寒すぎて写真を撮るどころじゃなかったのが悔やまれます。

ベビーバスやベビーソープも用意してあったので、暖かい時期なら本当に最高だと思いました。

夕食は

踏んだり蹴ったりの入浴後夕食へ。

0歳の友達の子供は持ち込み離乳食。

うちの2歳児は、お子様ランチをお願いしてました。

お子様ランチは、ハンバーグとナポリタンとごはんが乗っててけっこうなボリューム。

ここに子供にも茶わん蒸しが付いてきます。

0歳には持ち込みの離乳食をあげようとしていると、係りの人が「おかゆお出しできますよ」と言ってくださったので、おかゆをいただくことに。

そのおかゆがとても美味しかったのか、パクパク完食してました。

大人の食事に温野菜などもついていたので、11か月の子にもわけてあげることもできました。

ちなみにそのおかゆ、当たり前なんだけど有料です。

別にお金を払いたくないわけじゃないし、有料でも頼んでたと思うんですが、メニューに載ってるわけじゃないから、「●円でお出しできます」と言ってくれた方が親切なんじゃないかなとは思いました。

赤ちゃん連れが数組いた

平日だったのでお客さんは少なめでとても静かな時間を過ごすことができたのですが、赤ちゃん連れの方が何組かいました。

ホテルの方々は、子供にとても優しく接してくれて、とても感じの良い印象を受けました。

そのため私たちも、とても居心地が良かったです。

これとても大事だなーと思います。

子供が騒いだり泣いてしまったとき、とても恐縮してしまったりその場を離れることもあるのですが、その場合のフォローもしてくれたり、親に対して「大丈夫ですか?」と気遣ってくれたり。

温かい宿だなと思いました。

部屋から朝日が見える

全室オーシャンビューのこのホテルは、もちろん部屋から朝日が見れます。

窓も少しだけ開くので、気持ちいい風が入ってきます。

大浴場は子供も入れる

オムツのはずれていない子は、大浴場に入れない場合も多いですが、こちらのホテルは入れます。

一日目、貸切露天風呂のみだったので、翌朝起きた時にフロントに確認してみました。

「そうですね、排せつの面で気を付けていただければ大丈夫です」と言われたので2歳児を連れて入ってきました。

しかしこちらの大浴場、更衣室にベビーベッドはなかったと思いますので、赤ちゃん連れでママ一人だと着替えるとき大変かもしれません。

客室に露天風呂が付いている部屋もありますので、温泉に入れたい場合は露天風呂付客室を予約したほうが良いかもしれません。

温泉ではないですが、各部屋にお風呂はついてます。

渚の荘 花季」まとめ

とても温かい宿でした。

やはり高級というのもあって、ワイワイした子連れ歓迎の宿の方が子供向けサービスは整っていると思いますが、ホテルの方々の温かさは一番感じられたかもしれません。

子供連れで淡路島に泊まってみようかなと思っている方は、ぜひこちらの宿も考えてみてください。

 

こんな記事もおすすめ