育児

冬の赤ちゃんとのお風呂。浴室や脱衣所を温める方法は?

こんにちは、ハルです。

赤ちゃんとのお風呂は、月齢が低いほどお湯の温度や室温が気になりますよね。

私が住んでいるところは、冬は氷点下になることもあるくらい寒いので、真冬の赤ちゃんとのお風呂は特に気を遣っていました。

今回は、脱衣所や浴室を温める方法や、真冬に赤ちゃんをお風呂に入れる際のポイントを紹介していきます。

真冬の赤ちゃんとのお風呂

お湯の温度は40℃くらい

赤ちゃんのお風呂の温度は、38℃~40℃くらいと言われています。

夏場は38℃くらい、冬場は40℃くらいを目安にしましょう。

ママにはちょっとぬるいかな、と感じるくらいですが、あまり温度を上げてしまうと、赤ちゃんがのぼせてしまうこともあります。

お風呂嫌いになることも

今まで楽しく入っていたお風呂を、突然嫌いになってしまう赤ちゃんもいます。

服を脱がせようとしただけで大泣きしてしまったり、お風呂ちゅうものけぞって嫌がったりと、お風呂タイムが赤ちゃんにとってもママパパにとっても苦痛になってしまいます。

お風呂嫌いになってしまう原因はさまざまですが、その一つに「浴室の温度が寒い」ということも考えられます。

そのため真冬の浴室内は、できるだけ温かくなるようにしてあげると良いです。

脱衣所と浴室を温めておく

真冬のお風呂は、大人でも寒いですよね。

そのため、赤ちゃんとのお風呂は、入る前に脱衣所と浴室をしっかり温めておく必要があります。

温める方法としては

浴室乾燥機

浴室に乾燥機能が付いている場合は、お風呂に入る前につけておくと良いでしょう。

熱湯シャワー

我が家は浴室乾燥機がついていなかったので、熱湯シャワーをやっていました。

お風呂のお湯が溜まったら、シャワーを温度を上げて、浴槽に入らないようにお紀尾井よくシャワーを出します。

浴室のドアを閉めておけば、湿気で浴室内が一気に温まります。

注意点は、ママがやけどしないように気を付けることと、赤ちゃんにシャワーを充てる前に、しっかりと温度を確認することです。

ガス代と水道代がちょっとかさみます。

換気扇は消しておく

我が家の浴室は窓がないため、常に換気扇をつけておかないといけないのですが、子供とお風呂に入る間だけは消します。

湿気が逃げて要室内の温度が下がったり、寒い空気が入ってきてしまうので、換気扇は消すようにしましょう。

脱衣所にコンパクトヒーター

私も使っていたのですが、冬の間は脱衣所にコンパクトヒーターを置いておきました。

お風呂を溜め始めると同時に、ヒーターをつけておくと、入る頃には脱衣所も暖かくなっています。

またお風呂に入っている間もつけておけば、お風呂上りもアムがることなく身体を拭いてあげることができます。

コンパクトタイプですと、脱衣所だけではなく、キッチンやトイレなどに持ち運ぶこともできるので、さまさまな場面で使用することができます。

最後に

真冬のお風呂は寒さとの闘いなのでけっこう大変です。

また、電気代やガス代、水道代が余計にかかってしまうこともあります。

とは言ってもママも赤ちゃんも風邪をひいてしまったら大変ですので、出来る限りの方法で温かくしてあげたいですよね。