育児

2歳のチャレンジバイクはスパーキーがおすすめ!ストライダーとの違いは?

こんにちは、ハルです。

うちの子は来月3歳になるのですが、2歳の誕生日プレゼントでもらったチャレンジバイク・スパーキーにハマってます。

実はもらってから今まで、ほぼ使うことはなく、1歳誕生日プレゼントでもらった三輪車をひたすら乗り続けていたのですが、ここにきてようやくチャレンジバイクに目覚めたようです。

3歳誕生日には、補助輪付き自転車をプレゼントしようと思ってたのにー。

まだまだしばらくは、スパーキーで良い気がします。

ちなみに、1歳2歳のチャレンジバイクと言えば、ストライダーが人気ですが、我が家は迷いに迷ったあげく、スパーキーを購入しました。

そもそもスパーキーって何?という方もいるかと思うので、ストライダーとスパーキーの違い、我が家がなぜ、ストライダーではなくスパーキーにしたのか、スパーキーにして良かったと思う…などをまとめてみました。

チャレンジバイク、買おうかなと思っている方、ストライダーを購入する前に一度読んでみてください。

チャレンジバイクとは

ランニングバイクともいわれていますが、ペダルがなく、地面を足で蹴って進む幼児用の自転車のようなものです。

チャレンジバイクで代表的なものは、「ストライダー」がありますが、この他にもいくつか種類があります。

私は自分の子に買うのは、「ストライダー」一択!だったのですが、購入する前にいろいろと調べていくうち、「スパーキー」に出会ったのです。

ストライダーとスパーキーの違い

チャレンジバイクには、ストライダーやスパーキー、D-バイクなど、いくつかあります。

今回はストライダーとスパーキーの違いについて紹介していきますね。

ストライダーの特徴

ストライダーの特徴は、なんと言ってもかっこいい。そしてカスタマイズすることができます。

基本のクラシックモデルと、スポーツモデルがあり、スポーツモデルの方がカスタマイズ性に優れており、価格もスポーツモデルの方が少し高いです。

ペダルとブレーキがなく、タイヤはEVAポリマーです。

チャレンジバイクは対象年齢が2歳からなのですが、2歳~3歳くらいだと、ブレーキをかけて止まる、という感覚がまだなかなかわからないようです。

そのためブレーキは不要かとも思いますが、慣れてくるとスピードが出てしまったり、地面に足をつけて止めるため、靴のすり減りが早いこともあります。

クラシックモデル

重さ2.9KG

価格10,900円+税

レッド・グリーン・ブルー・ピンクから選べます

スポーツモデル

重さ3.0KG

価格13,500円+税

レッド・グリーン・ブルー・ピンク・オレンジ・イエロー・ブラックから選ぶことができます。

ストライダーの大会に出場できる

また、ストライダーには、日本正規品のストライダーを持っている子供だけが参加できる大会があります。

並行輸入品も出回っているので購入する時は、オフィシャルネットショップか正規販売店で購入するように注意してください。

正規品と輸入並行品は価格が同じなようなので、だったら正規品を購入した方が良いですよね。

ちなみに口コミを調べてみると、クラシックモデルかスポーツモデルで迷った場合、スポーツモデルを買った方が良いそうです。

価格は少し高いですが、クラシックもでるのサドルがプラスチックで硬いのに比べ、スポーツモデルのサドルは柔らかく座り心地が良いです。

それ以外にも今後カスタマイズしていくのにも、スポーツモデルの方がしやすいようです。

スパーキーの特徴

スパーキーの特徴は、ストライダーにあったら良いな、と思うような機能が備わっています。

ペダルがなく足で蹴って進むのはストライダーと変わらないのですが、なんと言ってもストライダーにはないブレーキが付いています。しっかりと止まるブレーキです。

また、スパーキーを停めておくスタンドもついており、ストライダーのタイヤがEVAポリマーに対しスパーキーのタイヤはゴムタイヤでできており、すり減りにくく、自転車と同じ空気入れで空気圧の調整もできます。

我が家はなぜスパーキーにしたのか

我が家も最初はストライダーを買う気満々だったのですが、ストライダーにあったら良いな、という機能が、スパーキーにはあったんですね。

チャレンジバイクに乗ることによって、その後の自転車へ移行しやすくなれば良いなとも思っており、ブレーキやゴムタイヤなど自転車と同じ機能がついているのが最大の魅力でした。

また、ストライダーの大会には出ないだろうな、と買う前から分かっていたのも大きいです。

大会に出てみたい、と少しでも思うなら、正規品のストライダーを購入することをおすすめします。

スパーキーを安く購入できるところは?

スパーキーはネット購入になります。

価格は他のチャレンジバイクよりも安く設定されているので、購入しやすいのもメリットです。


送料無料《プロテクタープレゼント》 バランスバイク【組立・整備済】 ブレーキ付ゴムタイヤ装備 キッズバイク スパーキー トレーニングバイク キックバイク

最後に

ストライダーはデザインもカッコよくカスタマイズもできるため、それもまた一つの楽しみですよね。

また全国で大会が開催されるので、その場所に家族で旅行に行くなんてこともできます。

ただ私は、スパーキーで充分満足しています。

価格も機能も私が求めていたものにピッタリでした。

約1年間使わずに眠っていたんですけどね。

これからチャレンジバイクを購入しようと思っている方は、目的や価格、機能などを考慮してお子様に合ったバイクを見つけられると良いですね。