母乳

食事は母乳に影響しない。授乳中はママが好きなものも食べても良い!

こんにちは、ハルです。

今回の記事は、他の多くの育児サイトがかいてあることとは真逆のことを書こうと思います。

私の他の記事にも書いているのですが、私は産後母乳の出が悪く、生後3ヶ月で完母になるまで、母乳の量を増やすためにできることは全てやりました。

母乳の出を良くするためには、たくさん母乳を吸わせること、とよく言われますが、私自身完母になった理由は、赤ちゃんが突然哺乳瓶拒否をしたのがきっかけです。

今までは、母乳の後に必ずミルクをあげていたので、赤ちゃんもお腹が満たされよく眠っていました。

しかし、哺乳瓶を拒否したことによって、ミルクをあげることができなくなり、母乳をあげてもまたすぐ赤ちゃんが泣くので、また母乳をあげるという、強制的に超頻回授乳をすることになったんですね。

なので、母乳を出すためには頻回授乳が大事、ということは本当なんだなと思っています。

母乳に関してネットで調べていると、多くのサイトに

「母乳の質を良くする食材」

「油っぽいものを食べると、母乳がドロドロになる」

「授乳中は乳製品やカレーなどのスパイス料理を食べると母乳の味が変わる」

など、食事が母乳に与える影響について書いてあったりしますよね。

私コレ信じてたんですけど、全く根拠のない話だった、ていうことを、今回の記事でお伝えしたいと思います。

授乳中に食べちゃいけないものはない

「授乳中に食べちゃいけないものはない」ということを、一番最初に私に教えてくれたのは、母乳外来で行った、助産院の院長先生でした。

その院長先生は、「お酒とたばこと薬(一部OK)以外は、食べちゃいけないものはないんだよ。ママが食べたいものを食べなさい。」と私に言いました。

私
え?そうなの?ケーキとか甘いものは食べないようにしてたのに…

極端に偏った食生活は良くないけれど、ママが食べたいものを我慢する必要はない、というんですね。

ちなみに、ケーキや乳製品を多くとると、乳腺炎になりやすい、という情報もよく耳にしますが、乳腺炎の原因は実は違うところにありました。

乳腺が詰まる原因は

母親が食べたものではなく、授乳回数が少ない、授乳時間が短か過ぎる、赤ちゃんがうまく飲めない、乳汁が多く出過ぎるなどにより、作られる母乳量と飲まれる量がアンバランスになり、母乳が乳房に溜まりすぎることが原因です。BuzzFeegNews

上記以外にも、ここ最近は、食べ物によって母乳の質は変わらないと提唱している医師や専門化が増えています。

食べ物が母乳の質を良くする根拠はない

「ママの食べたもので母乳の味や質が変わる」と書いてあるサイトも多くありますが、そのような根拠はありません。

私は助産院の院長先生に、「何を食べても良い」と言われてから、自分でもたくさん調べました。

BuzzFeegNewsに小児科医の森戸やすみ先生が書いた記事その母乳情報、大丈夫ですか? ママサイトにはご用心 があるのですが、ママの食事で母乳の味や成分はそう簡単には変わらない、ということを、医学的根拠に基づいて書いています。

この記事のおもしろいところは、とある大型育児サイトの名前をいくつか出したうえで、「その情報間違ってるよ」と指摘してるんですね。

そして実際、上記の記事が投稿されてから、その大型サイトは、指摘された記事を削除していたり、書き換えたりしているわけです。

ただですね、私個人が思うのは、母乳の質が変わるわけじゃないけど、「母乳の質を良くする食材」と言って紹介されている食べ物は、産後のボロボロな身体には特に必要な食材ばかりなので、積極的に取るべきだとは思います。

だけど、食べたから母乳が美味しくなるとか影響するわけではない、ということだと思います。

授乳中に栄養を摂ることは大事

ママが食べたものが直接母乳に影響を与えるわけではない、と言っても、授乳というのはものすごくエネルギーが消費されるものです。

なので、鉄分、カルシウム、タンパク質などの、栄養のあるものをたくさん摂ることは、母乳の質に関係なく、授乳中のママにとってとても大事なんですね。

バランスの良い食事というのは、授乳中のママの身体には必要だということです。

ちなみに私は、助産院の院長先生に、「好きなものを食べなさい」と言われて気持ちが楽になりました。

あえて脂っこいものとかスパイシーなものばかりを食べたわけではありませんが、カレーも食べたしキムチも食べました。

うちの子は完母になっても母乳を嫌がることはなかったですし、乳児湿疹にもアトピーにも今のところならず、元気に3歳になっています。

授乳中水分をとることは大事

授乳中はたくさんの水分が体外に出ていくので、意識して水分をたくさん摂ることは大事です。

私は「母乳の量を増やすハーブティー」なんかも飲んでいたのですが、母乳の量を増やすために、ハーブティーをたくさん飲むということ以外のこともやっていたので、ハーブティーのおかげで完母になったかはわかりません。

ちなみに上記に紹介した記事では、授乳中のハーブティーについても

「母乳を増やす」とか「乳腺炎を治す」と言って売られたら、医薬品医療機器等法(薬機法、旧薬事法:医薬品でないのに効果効能を謳うのを規制)に違反する恐れがあります。BuzzFeegNews

とまで書いてあったのですが、私はたくさん飲みましたよ、ハーブティー。

ただ、出産前まであまり水分を取らない生活をしてきた私が、「母乳の出を良くするハーブティー」によって、意識して水分をたくさん摂ったことが、良かったのだと思います。

これももちろん身体に良いですしね。

ちなみに水分と栄養一緒に摂れるスープは楽でおすすめです。

最後に

授乳中にたくさん栄養を摂ることは大事ですが、その食事が直接母乳に影響を与えるわけではないということ、極端じゃなければ、食べたいものを我慢しなくても良いということを、今現在母乳育児をしているママたちに伝えたいと思いました。

私も母乳育児に悩む一人でしたが、食事の縛りがなくなっただけでも気持ちが楽になったので、今現在悩んでるママも、少しでも笑顔になれたらと思います。