母乳

ちくびが痛くて授乳ができない!母乳搾乳機でおっぱいトラブルを乗り切る方法。

こんにちは、ハルです。

授乳でちくびが切れてしまい、授乳するのがツライという時ありますよね。

私は母乳の量を増やすために、とにかく頻回授乳をしていたのですが、ある時からちくびが切れてしまい、痛くて痛くて幸せなはずの授乳タイムが怖くて仕方ありませんでした。

乳首が痛い時の授乳の仕方や、乳首を傷つけない方法などは、別記事にも書いたのですが、あまりにも痛い場合は、母乳搾乳機を使って授乳を休むことも一つの手です。

母乳は、出さないと止まってしまうしくみになっているので、これから母乳育児を続けていこうと思っているママは、うまく搾乳機を使っていくことをおすすめします。

空気圧によって母乳を吸い出すことのできる母乳搾乳機は、直接自分で搾乳するより断然楽に搾乳することができます。

ちくびが痛くて授乳がツライ時はもちろん、ママ以外の誰かに預けなくてはいけない時や、赤ちゃんが寝てしまって母乳があげられなかったときなど、さまざまな場面で使えるのもメリットです。

とは言っても、母乳搾乳機は手動や電動、また、直接おっぱいにあたる部分の素材だったりと、選び方の違いがあるので、手動搾乳機と電動搾乳機の違いや、それぞれのメリットデメリット、搾乳機を購入する際のポイントと、人気の搾乳機を紹介していきます。

手動搾乳機と電動搾乳機

搾乳機には、手動タイプと電動タイプがあります。

それぞれメリットデメリットがあり、価格も大きな差があります。

手動搾乳機の特徴

手動搾乳機の特徴は、自分でハンドルを握って搾乳します。

向きの調整や力加減を自分で調節できるので、痛みなどを感じることなく搾乳することができます。

また手動搾乳機は、自然とおっぱいマッサージにもなるので、初めて使う場合は、手動の方が使いやすいかもしれません。

手動搾乳機のメリット

リーズナブル

手動搾乳機と電動搾乳機は、1万円くらい価格の差があったりします。

手動搾乳機はドラッグストアなどでも購入でき、だいたい5000円くらいのものが多いです。

産後は何かとお金がかかるため、安価で買えるのは嬉しいですね。

音が静か

電動音がしないため、赤ちゃんが寝ているときにも安心して使えます。

軽い

電動搾乳機に加えて、軽くて持ち運びもしやすいので、帰省や旅行に持って行きやすいです。

部品が少ない

赤ちゃんの哺乳瓶と同じように、搾乳機も毎回消毒する必要があります。

手動搾乳機は部品が少ないため、消毒にかかる手間も省けます。

消毒ってけっこうめんどくさかったりするので、その分ママの時間ができたり、赤ちゃんとの時間を作ることができます。

手動搾乳機のデメリット

けっこう疲れる

大量の母乳を絞らなくてはいけない時や、毎回授乳の後に搾乳しなくてはいけない時は、毎回ハンドルを握って搾乳するためけっこう疲れます。

腱鞘炎になることも

私も子供が生後5か月の頃に腱鞘炎になってしまったのですが、これ一度なると本当にツライです。

産後は抱っこやミルクなどで意外と手首や指に負担がかかっているので、手動搾乳機も腱鞘炎になる原因になることもあります。

こんな人は手動搾乳機がおすすめ

あまりたくさんの量を絞らない

搾乳するのが週に数回など回数が少ない場合や、量が多くない場合は、電動よりも価格も安いので、手動がおすすめです。

電動搾乳機の特徴

電動搾乳機は、コンセントにつないで使います。

手動搾乳機に比べて価格は高いですが、搾乳の回数や母乳量が多い場合には断然電動搾乳機の方がおすすめです。

電動搾乳機のメリット

電動搾乳機のメリットは、なんと言っても楽です。

時間短縮

両方のおっぱいをを同時に絞ることができる搾乳機もあるので、その場合が大幅に時間を短縮することができます。

赤ちゃんが寝てる間に搾乳することも多いかと思いますが、せっかく寝てくれた時間、ママも少しでも寝たかったりごはんを食べたかったり、また哺乳瓶の消毒などでなにかとやることが多いですよね。

そんな時は両胸を同時に絞れる搾乳機を使えば短い時間で搾乳することができます。

電動搾乳機のデメリット

高い

手動搾乳機に比べると、価格がけっこう高いです。

ドラッグストアには売っていないことも多いため、ネットか赤ちゃん用品店での購入になり、だいたい15000円から20000円くらいします。

ただ楽というメリットがかなり上回ると思うので、母乳の量が多い人には電動搾乳機の方が断然おすすめです。

音がする

電動なので搾乳する際は電動音がしてしまいます。

そのため、赤ちゃんが寝てる間に搾乳をしようと思っても、搾乳機の音で起きてしまうこともあります。

こんな人には電動搾乳機がおすすめ

母乳の量が多い、毎回母乳を絞るなど、搾乳する機会が多い人は、電動搾乳機の方がおすすめです。

搾乳機を選ぶポイントは?

搾乳する際おっぱいに直接あたるので、乳頭を傷つけてしまうこともあります。

そのため、固いプラスチック製より、肌に優しいシリコン製を選ぶのをおすすめします。

乳首が切れて痛いときなどにもシリコン製の方がおすすめです。

搾乳機はレンタルもできる

電動搾乳機は金額もけっこうするため、もし抵抗がなければレンタルという手もあります。

どのくらい搾乳できるのか、使い勝手はどうか、など、一度レンタルで試してみるのも良いと思います。

おすすめの搾乳機

手動と電動それぞれ人気の搾乳機を紹介しますね。

①ピジョン母乳アシスト電動Pro Personal(プロパーソナル) 

ピジョンの電動搾乳機です。
税込み14800円
吸引圧や吸引リズムを3つから選ぶことができ、ママに合わせて調整することができます。
アプリと連動すれば、スマホをリモコンとして使うこともでき、搾乳しながら調節することも可能です。

ピジョン電動プロパーソナルの口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
手動は手が疲れるのでこちらを購入しましたが、手動よりも絞るのに時間がかかりました。
母乳がたくさん出る人には良いかもしれませんが、あまり出ない人には向いてないと思います。
良い口コミ
良い口コミ
今まで手動を使っていましたが、もっと早く買えば良かった!と思うくらい、快適です。
ライトが付くので夜間の授乳時にも使いやすいですし、強さも早さも調節できるのも良かったです。

ピジョンの電動搾乳機の口コミ評価は高く、手動から切り替えて使い始める人が多くいました。
しかし中には、手動の方が早く絞れた、全然絞れなかった、という口コミもありましたが、その多くは、母乳があまりでていないからかもしれない、と書いてありました。

②メデラ スイング電動さく乳器

産院でも使われることの多いメデラの電動搾乳機です。
税込み16200円
電池とアダプタ両方で使用することができるので、コンセントがない場所でも搾乳することができます。
赤ちゃんが母乳を飲むリズムを再現して、2段階でリズムがかわります。
コンパクトなので場所も取らず、音も静かで使いやすいです。

メデラスイング搾乳機の口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
母乳がよく出る人には良いかもしれませんが、あまり量が出ない人には向いてないと思います。
搾乳音が思ったより大きく、夜中や赤ちゃんが寝てるそばでは使いにくいです。
良い口コミ
良い口コミ
値段は少し高いですが、楽に絞れてすごく良かったです。
小さいので持ち運びもしやすく、ゆっくりと強くなってくるので、痛みもなく搾乳できます。
口コミ全体を見てみると、母乳量が少ない人には向いていない、という悪い口コミが数件あり、良い口コミを書いていた方の多くは、母乳の量が多いというママが多かったです。
なのでこの商品は、すでに母乳がよく出る人の方が合うのかもしれません。

③メデラ電動搾乳機ダブル

両方のおっぱいを同時に搾乳することのできる、メデラスイングダブルです。
税込み27000円
価格は高いですが、搾乳時間を大幅に短縮できるため、母乳量が多い方におすすめです。
こちらも電池とアダプタ両方で使えるため、コンセントのない場所でも搾乳することができます。

メデラ電動搾乳機の口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
手で絞るのとあまり量は変わりません。
高かったのでもったいなかったなと思います。
良い口コミ
良い口コミ
音がうるさいですが、搾乳量は2.5倍になり時間短縮できるので、その分を睡眠や休養にあてることができとても助かってます。

メデラダブルに関しては、悪い口コミは少なかったです。
音が大きいという口コミは何件かありましたが、搾乳の時間短縮のメリットが上回るようです。

④ピジョン手動搾乳機

ピジョンの手動搾乳機です。
税込み4180円。
ハンドルを回して、持ちやすい位置に調整することができます。
ハンドルを握る速さや強さで、その時の状態に合わせて搾乳することができます。
煮沸・レンジ・薬液消毒可能です。

ピジョン手動搾乳機の口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
パーツが少し多いので、手入れがめんどくさそうです。また私には合わなかったのか手で絞った方が早かった。
良い口コミ
良い口コミ
使い方が簡単で使いやすいです。
力加減を自分で調整できるので、ちくびが痛い時にも使えて良かったです。
ピジョンの哺乳瓶を使っているママは、搾乳機もピジョンで揃えるママも多いようです。
他の手動搾乳機に比べてパーツが少し多いので手入れが面倒という口コミもありましたが、簡単で使いやすいという口コミがとても多かったです。

⑤メデラ手動搾乳機

メデラの手動搾乳機です。
税込み5292円。
シンプルな構造なので組み立てもしやすく、軽量なので外出時に持ち運びしやすいのでおすすめです。
煮沸消毒・レンジ消毒・薬液消毒もできるので、哺乳瓶と一緒にお手入れできるのも助かりますよね。(※ただ薬液消毒は推奨していないとのことです。)
手動搾乳機は、腱鞘炎になってしまうこともあるのですが、このメデラの手動搾乳機は、ハンドルが人間工学に基づいて作られており、左右どちらの手でも搾乳できるので、使えるようになっているので、疲れにくい構造になっています。

メデラ手動搾乳機の口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
搾乳はとてもしやすいが、価格が少し高め。
倒したり斜めにすると母乳がこぼれてしまうので注意が必要です。
良い口コミ
良い口コミ
手動ですが楽に搾乳できます。
搾乳の前に、おっぱいに刺激を与えるマッサージモードもついているので、搾乳しながら母乳マッサージもできて良かったです。
他の手動搾乳機より少し高いですが、組み立ても簡単で使いやすいです。

メデラの手動搾乳機は、悪い口コミがあまりありませんでした。
他の手動搾乳機にくらべて、パーツも少なく使いやすいという声が多かったです。
ピジョンからメデラに替えたという口コミも数件ありました。

⑥ヌーク(NUK)手動さく乳器Jolie(ジョリー)

ニップルのトップブランド、ヌークの手動搾乳機です。
価格は税込み4800円
助産師さんとヌークが共同開発したママに優しい搾乳機です。
デザインもかわいく、おっぱいに当たる部分はシリコン素材なので、ちくびが痛い時にも優しく搾乳することができます。
パーツが少なく食洗器も対応なので手入れも楽です。
母乳保存容器も付属しており、搾乳した母乳はその容器で冷蔵・冷凍保存することができます。

ヌーク手動搾乳機の口コミ

悪い口コミ
悪い口コミ
使っているうちにハンドル部分が壊れてしまい使えなくなってしまいました。
良い口コミ
良い口コミ
ハンドルが持ちやすく片手ですぐに搾乳できるので使いやすいです。
パーツが少ないので手入れも楽です。
この商品も悪い口コミはあまりありませんでした。
デザインがかわいいという口コミがとても多かったです。

母乳をあげる哺乳瓶に気を付けて

母乳に比べて哺乳瓶はとても飲みやすいため、赤ちゃんが哺乳瓶に慣れてしまうと、突然母乳を全く飲まなくなってしまうことがあります。

乳頭混乱と言うのですが、一度なってしまうと、母乳を飲ませるトレーニングをしなければません。

これから母乳で育てたいと思っているママにとって、赤ちゃんに母乳を嫌がられるというのはかなり辛いんですよね。

私は生後3ヶ月に完母になるまで、混合育児をしていました。

母乳を増やすためにがんばっていたので、乳頭混乱をできるだけおこさないようにと、乳頭混乱になりにくい哺乳瓶を使っていました。

最後に

授乳時期のおっぱいのトラブルは、どうしても避けられないんですよね。

私もそうだったので、それでも母乳をあげたいと思うママの気持ちもすごくわかります。

ちくびが痛い時は無理に授乳せず、搾乳機をうまく使って、おっぱいトラブルを乗り越えてもらえたらなと思います。